【YouTubeショート】うまく活用すればバズるかも?

ノウハウ・ハウツー
スポンサーリンク

最近若者の間で流行っているショートムービー。

これを真っ先に取り入れたのがTikTokなんですが、今では様々な動画共有サービスやSNSでショートムービーが投稿できるようになりました。

そんなショートムービー、実はYouTubeでも「YouTubeショート」という形で用意されています。

YouTubeショートとは

YouTubeショートは、TikTokのような動画スタイルで誰でも作成できる動画フォーマットです。

YouTubeショートの主な特徴

チャンネル登録者数が1万以下でも利用できる

チャンネル登録者数1万人以上が利用できるストーリーとは異なり、YouTubeショートは登録者数1万人以下でも利用することができます。

ショートムービーはどのデバイスからも投稿可能

YouTubeショート向けに作成した動画であれば、スマートフォン・パソコンどのデバイスからも投稿が可能です。

新しい視聴者に出会えるチャンス

YouTubeショートは従来の動画配信スタイルとは異なり、ショートタブで関連の動画が表示されるような仕組みなので新しい視聴者さんに観てもらいやすい傾向があります。

また海外ではTikTok並みにYouTubeショートを利用されている方が多いので海外流入も期待できます。

反映条件

YouTubeショートは最大60秒で縦向き動画をアップロードし、動画のタイトルや説明に「#Shorts」を含めれば、ショート動画がおすすめに選ばれるようになるようです。

現在はShortsタグを入れなくても60秒以内の縦動画であればショートムービー扱いになります。

YouTubeショートは収益化できない?

YouTubeショートセクションやショートプレーヤーで再生された場合は収益は発生しません。

また、YouTube Premiumのサブスクリプション収入も発生しないようです。

ただ、全く収益が無いわけではなく、通常の動画プレーヤーから再生された場合は広告が表示され収益が発生します。

微々たるものですが。

うまく行けば再生数が急上昇するかも

YouTubeショート向けに投稿された動画は、必ずしも再生数が急上昇するわけではありませんが、多くの人に注目されるようAIが調整してくれるので、通常の動画と比べ、再生数が急激に増える傾向があります。

YouTubeを初めたばかりで再生数が伸び悩んでいる方は、チャンネルの紹介動画や注目してほしい動画などは、YouTubeショート向けに投稿することをオススメします。

うまく活用すればバズるかも。

ノウハウ・ハウツー
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました