レンタルサーバーなら「ConoHa WING」

【Windows11・10共通】拡大鏡でパソコン画面を拡大縮小する方法

アプリ・ソフト

皆さんの中でパソコンでプレゼンテーションをする時に「パソコン画面を部分に大きくさせたい」と思ったことはありませんか?

今回は、Windowsパソコンに標準搭載されている「拡大鏡」の開き方・使い方をご紹介します。

Windows11パソコンお使いの方も対応しておりますので是非参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

拡大鏡の開き方

拡大鏡を開くにはタスクバーの検索より「拡大鏡」と入力するか、キーボードのWindowsを押しながらキーで呼び出すことができます。

拡大・縮小はキーボードのWindowsを押しながらまたはキーで行えます。

Bandicamを使用してカーソル表示をオンにすると小さいカーソルも録画されますので
Bandicam側のカーソル・クリック効果ハイライト効果はオフにすることを推奨します

Windows 10 1709(Fall Creators Update)版拡大鏡

Windows 10 1709(Fall Creators Update)以降の拡大鏡では、従来の拡大鏡に読み上げ機能が行えるようになりました。

UIは若干変更ありますが、基本的な使い方は従来の拡大鏡と同じ。

設定画面では拡大レベルや表示方法、マウスポインター、テキストカーソルの表示位置、読み上げ設定など細かい設定を行うことができます。

最後に

拡大鏡を使えば、部分的にその場で拡大縮小が行えるので、ソフトウェアの使い方を説明したり、プレゼン資料をお客様と一緒に確認する時に便利です。

是非ともこの記事で拡大鏡の開き方・使い方を覚えて頂ければ幸いです。

アプリ・ソフトノウハウ・ハウツー
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました