”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

【Windows 拡大鏡】パソコン画面を部分的に拡大縮小できプレゼンに便利

「Windows 拡大鏡」がパソコン画面を部分的に拡大縮小するのに便利

皆さんの中でパソコンでプレゼンテーションをする時に「パソコン画面を部分に大きくさせたい」と思ったことはありませんか?

特にパソコンの使い方などをレクチャーされている方にとって画面拡大機能は欲しい機能だと思います。

今回は、Windowsパソコンに標準搭載されている「拡大鏡」の開き方・使い方をご紹介します。

Windows11パソコンでも対応しておりますので是非参考になれば幸いです。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

拡大鏡の開き方

Windowsの画面録画時の拡大縮小(ズームイン・アウト)のやり方Windowsの画面録画時の拡大縮小(ズームイン・アウト)のやり方

拡大鏡を開くにはタスクバーの検索より「拡大鏡」と入力するか、キーボードのWindowsを押しながらキーで呼び出すことができます。

拡大・縮小はキーボードのWindowsを押しながらまたはキーで行えます。

Bandicamを使用してカーソル表示をオンにすると小さいカーソルも録画されますので、Bandicam側のカーソル・クリック効果ハイライト効果はオフにすることを推奨します

Windows 10 1709(Fall Creators Update)版拡大鏡

Windowsの拡大鏡

Windows 10 1709(Fall Creators Update)以降の拡大鏡では、従来の拡大鏡に読み上げ機能が行えるようになりました。

UIは若干変更ありますが、基本的な使い方は従来の拡大鏡と同じ。

設定画面では拡大レベルや表示方法、マウスポインター、テキストカーソルの表示位置、読み上げ設定など細かい設定を行うことができます。

最後に

拡大鏡を使えば、部分的にその場で拡大縮小が行えるので、ソフトウェアの使い方を説明したり、プレゼン資料をお客様と一緒に確認する時に便利です。

是非ともこの記事で拡大鏡の開き方・使い方を覚えて頂ければ幸いです。

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です

3 + 7 =