iPhone・iPadで使えるVTuberになれるオススメアプリまとめ

アプリ・ソフト

2018年VTuber界隈が盛り上がってきた頃にVRやVTuberに興味をもった筆者。

当時はまだスマホ向けVTuberアプリがなく、HTC VIVEを購入して全身モーショントラッキングさせるためにVIVEトラッカーをいくつも買ってVTuberっぽいことをやったりVRコンテンツを楽しんでいました。

時が経ち2022年。

今ではスマートフォンでも気軽にVTuberになれるアプリが増えてきました。

その中で筆者が利用しているオススメVTuberアプリをピックアップしましたので参考になれば幸いです。

この記事ではiPhone・iPad向けのVTuberアプリを紹介しています。

スマホ・PCの組み合わせなら「waidayo」

waidayo

waidayo

Akira Sato無料posted withアプリーチ

waidayoはPCにモーションキャプチャ情報をリアルタイムに転送ができるフェイシャルモーションキャプチャツール。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
waidayoの特徴
  • VRM形式3Dアバターに対応
  • VMC Protocol対応ソフトへモーションを送信することが可能
  • TrueDepthカメラ非対応機でも利用可能

モーションデータはPCに飛ばせる

上記動画はスマホ版waidayo、パソコン側はoredayoアプリを使ってゲーム実況ライブをやってみた様子です

iPhoneのインカメラで取得したモーションデータはリアルタイムでパソコン版waidayoなどモーションデータを取得できるソフトに転送が可能。

これにより、モーションキャプチャ分の負担を軽減することができ、パソコンで安定したVTuber撮影を行うことができます。

手軽に撮影するなら「vear」

vear - バーチャルライブ配信アプリ

vear – バーチャルライブ配信アプリ

Tomoya Hirano無料posted withアプリーチ

waidayoでは画面が固定化されてしまい、一度キャプチャーを始めるとiPhoneを動かして使うことができませんが、vearでは前後左右広範囲に動くことが可能。

字幕つけたり背景変えたりもできます。

iPhoneを持ちながら撮影してもちゃんとアバターも追従するようになっています。

iPhone SE2でも割と表現力が高い。

vearの特徴
  • VRM形式3Dアバターに対応
  • デバイスを持って移動しても追従してくれる
  • TrueDepthカメラ非対応機でも利用可能

vearのアイトラッキング修正方法

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

筆者が初めてvearを使った時にちょっと目を動かすだけでアバターが白目を向いてしまうほど感度が高かったのでアイトラッキングのパラメーターを調整する方法を動画にしました。

ハンドトラッキングなら「VIRTU」

VIRTU: VTuber&Vroidカメラ

VIRTU: VTuber&Vroidカメラ

Taehoon Kim無料posted withアプリーチ

個人的には今注目しているVTuberアプリです。

VIRTUにはwaidayoやvearには無い「ハンドトラッキング」に対応しており、よりキャラクターの表現幅が広がります。iPhone SE2のようなFaceTimeカメラでもハンドトラッキングできるのには驚きました。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

VIRTUもvear同様、iPhoneを持ってウロウロしてもアバターは置き去りになることなく追従してくれます。

VIRTUの特徴
  • ハンドトラッキングが可能
  • VRM形式3Dアバターに対応
  • デバイスを持って移動しても追従してくれる
  • TrueDepthカメラ非対応機でも利用可能

全身モーショントラッキングなら「TDPT」

TDPT

TDPT

DIGITAL STANDARD CO., LTD.無料posted withアプリーチ

TDPTはTrueDepthカメラ非対応機でも全身モーショントラッキングが可能なアプリ。

ハンドトラッキング、フェイストラッキングは非対応なので顔の表情を変えたりや指を動かしたりすることはできませんが、予め撮影した動画やカメラから身体をトラッキングさせモーションを3Dアバターに反映させることができます。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
TDPTの特徴
  • 全身モーショントラッキングが可能
  • VRM形式3Dアバターに対応
  • モーションデータはVMD・BVH形式で出力可能
  • TrueDepthカメラ非対応機でも利用可能

まとめ

いかがだったでしょうか。

数年前まではVTuberになるために何十万もの機材を買う必要がありましたが、今ではスマートフォンで気軽にVTuberになって配信を楽しむことができるようになりました。

ライブ配信アプリによってはアバターを作成してそのまま配信も。

今回紹介したVTuberアプリは配信アプリではありませんが、ちょっとした撮影に便利です。

「VTuberになってみたい」「YouTubeなどで動画出してみたいけど顔出しはちょっと・・」という方にもオススメですよ。

アプリ・ソフト
スポンサーリンク
↓↓クリックで応援↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
\参考になったらシェアお願いします!/
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-(スタジオ ディー・イー)

コメント

※コメントは承認制です。承認されるまで表示されません。