正式版VRoid Studioで3Dアバター作ってみた | 新アバター素体&新機能盛りだくさん

アプリ・ソフト
スポンサーリンク

3Dアバター作成ツールの「VRoid Studio」が、10月31日(日)に正式版となり大幅アップデートしました。

私はベータ版時代から愛用しているのですが、VRoid Studioの魅力といえば、無料で簡単に3Dアバターが作れること作った3Dアバターは商用利用ができることではないでしょうか。

正式版VRoid Studio

元サイトで動画を視聴: YouTube.

今回は正式版VRoid Studioを使ってみた様子を動画にしましたのでぜひご覧いただければ幸いです。

これを機に3Dアバターも新素体で作り直してみました。髪や目などのテクスチャは旧モデルから使いまわしています。これも正式版VRoid Studioの機能で、各種パーツやテクスチャを他のアバターに共有することができるようになりました

また、新素体ではベータ版で起きていた3Dモデルの破綻が改善され、

フェイスライン付近に影が落ちるように調整されており、従来よりもアニメっぽい見た目になりました。

髪は前髪、後ろ髪、つけ髪、横髪、はね毛、ベースヘアを個別に作成することができ、それぞれパーツ毎に簡単に変更することもできます。

他にも女性アバターを作るのに便利なチークや口紅の項目もありより女性らしい容姿にすることもできますし、フェイスペイントによってアバターにひげを生やしたりなどもできます。

衣装の選択肢も大幅に増え、アクセサリーは猫耳・うさ耳・メガネが用意されています。

元サイトで動画を視聴: YouTube.

waidayo」アプリで動かしている様子。iPhoneSE(第2世代)のインカメラでもしっかり顔の動きに合わせて3Dアバターが滑らかに動きます。

このようにVRoid Hubを使うことによって様々なモーションキャプチャーアプリとの連携により、簡単にバーチャルユーチューバーとしてスマートフォンやタブレットを使って活動することが出来る所もVRoidならではの機能です。

正式版での新機能・ベータ版との違い↓

https://vroid.pixiv.help/hc/ja/articles/4405597671193

アプリ・ソフト
スポンサーリンク
↓↓クリックで応援↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント