【Vrew】自動テロップ作成ソフト|YouTube動画字幕の入れ方

アプリ・ソフト
スポンサーリンク

YouTubeで動画配信をされている方の中で字幕設定をきちんとされている方、どれくらいいらっしゃるでしょうか。

字幕設定していない多くの方が

  • 字幕設定がめんどくさい
  • そもそも字幕のやり方がわからない

という感じだと思います。

字幕には耳が聞こえない方のため以外にも、

  • 音を出すことができない
  • 海外の人向けに動画を発信したい

といったシーンにも非常に効果があり、また、字幕といったメタデータをYouTubeに登録することでタイトルや説明欄以外でのSEO効果、再生数アップも期待できます。

今回はオススメの字幕動画編集ソフト「Vrew」の紹介と、作成した字幕をYouTube動画に適用する方法についてご紹介いたします。

Vrewとは

Vrewは人工知能(AI)を活用した動画編集ソフトです。

動画内の音声を認識し、自動でテロップを挿入することが可能。

動画全体にフィルター効果をつけたり、シーン毎に画像挿入したりと簡単な動画編集も行うことができます。

また会員登録すればウォーターマーク無し、音声分析制限なしで使用することができます。

対応OSはWindows・Mac・iOS・iPadOS。

パソコンだけではなく、iPhoneやiPadでも利用することが可能。

インストール不要なブラウザ版もあります。

字幕テロップ作成までの流れ

ステップ1

Vrewを起動したら最初にサンプル動画が表示されるため画面左上の「新しい動画で始める」をクリックし、字幕を入れたい動画を選択します。

ステップ2

動画を選択したら、動画の言語を選択し確認ボタンを押します。(動画の音声が日本語であれば日本語を選んで下さい。他の言語を選びますと正常に音声認識できません)

確認ボタンを押すと以下画像のような画面が右上に表示されるので音声分析が完了するまで暫く待ちます。


ステップ3

音声分析が完了すると字幕編集画面が表示されます。

字幕編集には「動画」と「字幕」に分かれており、字幕の表示タイミングを調整する場合は「動画」、字幕文字を修正したい場合は「字幕」で行うことができます。

また、好きなタイミングで字幕シーンを結合したり、分割することも可能。

無音区間の短縮も行うことができます。

ステップ4

メニュー「書式」にて、フォントや文字サイズ、色、背景や影など字幕デザインを変更することができます。

1シーンずつや動画全体の字幕を一括で変更することもできます。

ステップ5

メニュー「ファイル」にてプロジェクトを保存したり「動画をエクスポート」を選択すると動画を最大4Kの解像度まで書き出すことができます。

ステップ6

「他の形式でエクスポート」では「字幕ファイル」でYouTube用字幕が作成できたり、PremiereやDaVinciResolve、FCPX形式の字幕ファイルにも保存することができます。

作成した字幕ファイルをYouTube動画に適用する

Vrewで「字幕ファイル(srt形式)」を書き出したら、YouTube動画に適用します。

YouTube動画に字幕を適用する方法

まず、YouTube Studioのメニューより「字幕」をクリックし、字幕を付けたい動画名をクリックします。

次に「言語を追加」ボタンで字幕を入れたい言語を指定します。

字幕を入れたい言語が既にリストにある場合は、字幕項目の「追加」または「編集」をクリックしてください。

「タイトルと説明」も忘れずに翻訳しておきましょう。

字幕編集画面で縦3つの丸のところをクリックし、「ファイルをアップロード」をクリック。

「タイムコードあり」をクリックしVrewで書き出した字幕ファイルを読み込むと字幕が反映。

後は画面右上の「公開」ボタンを押して字幕を適用すると字幕が動画に表示されるようになります。

日本語を英語翻訳したい場合

2021年4月に翻訳機能が追加されていました。

しかも英語だけではなく様々な言語の字幕データを一括で書き出してくれます。

素晴らしい対応!

こんな人にオススメ

Vrewはこんな人にオススメです。

  • 動画に字幕テロップを簡単に入れたい
  • 動画編集が苦手
  • 字幕のメタデータを作成したい
  • 文字起こし

動画編集ソフトとしては制約が多く自由に編集することはできませんが、カットとBGMは他の編集ソフトで、テロップ作成はVrewでと分担作業すればいい感じの動画が作れます。

また自動音声解析による文字起こしと翻訳ができるため、ライターを生業とされている方にもオススメです。

総評

Vrewの評価をまとめるとこんな感じ。

  • 無料で使える
  • AIによる音声解析で自動テロップを挿入できる
  • 直感的操作で簡単にテロップを分割・結合・修正が可能
  • テロップのデザインや表示位置が変更できる
  • 日本語以外にも多国語に対応
  • 翻訳機能搭載
  • 字幕データが出力できる
  • 簡単な動画編集機能搭載
  • スマホ・タブレット版もある

なぜここまで機能が搭載されていて無料で使えるのかが不思議ですが、専門知識不要で簡単に動画に字幕を半自動的に入れることができるのは魅力的。

動画編集苦手な人には救世主的存在であろうソフトだと思います。

テロップや字幕が簡単に作れるソフトを探されている方は、Vrewを使ってみてはいかがでしょうか。

アプリ・ソフト
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました