TP-Link UB500 レビュー | 親指サイズのBluetooth5.0対応ナノUSBアダプター

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

今回はTP-Link様より、2021年10月28日に発売されているBluetooth5.0対応ナノUSBアダプター「TP-Link UB500」をご提供いただきましたのでレビューします。

デスクトップパソコンなどBluetooth非搭載パソコンやBluetooth5.0USBアダプターを購入検討されている方の参考になれば幸いです。

TP-Link UB500

TP-Link UB500とは、Bluetooth5.0対応USBアダプタです。

従来のBluetooth4.0USBアダプタのUB400と比べると通信速度が高速化し最大通信距離も10mから20mへと向上。通信距離が伸びることでデバイスから離れても音楽などを安定して楽しめます。

一度に7台までのデバイスと接続できるので、Bluetoothマウスやキーボード、スピーカーといったよく使う周辺機器を繋いで使うことができます。

スペック


UB500
規格及びプロトコルBluetooth 5.0
インターフェイスUSB 2.0
寸法14.8 × 6.8 × 18.9 mm
システム要件Windows 10/8.1/7
動作環境動作温度: 0℃~40℃ (32℉ ~104℉)
動作湿度: 10%~90%
保存湿度: 5%~90%
※結露を避けること
付属品Bluetooth 5.0 ナノUSBアダプター UB500
かんたん設定ガイド
商品ページを見る

開封・同梱物・外観チェック

パッケージはこんな感じ。

パッケージの中にはUB500本体以外に製品マニュアルと保証書が入っていました。ちなみに保証期間は購入日より3年間有効です。

Windows10や8.1パソコンをお使いの場合は、UB500をパソコンに接続するだけで自動的にドライバーのインストールが開始されますが、Windows7の場合は手動でドライバーのインストールを行う必要がありますので付属のマニュアルの指示通りにドライバのインストール作業を行います。

UB500本体はこんな感じ。

パソコンに装着していても存在を感じさせないくらいのコンパクトサイズ。これなら挿しっぱなしでパソコンバッグの中に入れて持ち運ぶことができますね。

デスクトップパソコンでも隣のUSB端子と干渉しないため、無駄なくUSBを使用することができますし、LEDランプ非搭載のため、アクセス中にピカピカLEDが光るのが気になるといった心配もありません。

まとめ

TP-Link UB500は親指くらいのコンパクトサイズでBluetooth5.0に対応したUSBアダプタ。

お使いのパソコンに挿すだけで簡単にBluetooth化することができ、スマートフォンやBluetooth接続対応のワイヤレスマウスやキーボード、スピーカーとワイヤレス接続ができます。

価格はAmazonで1,400円(2021年11月17日時点)と試しに買ってもいいかなと思うくらいの低価格。

1週間ほど使ってみましたがキーボードやスピーカーといった複数デバイスを同時に接続しても特にトラブル無く使えていましたし万が一不具合が起きても3年保証つきなので安心して使えます。

Bluetooth非搭載のノートパソコンやデスクトップパソコンをお使いでBluetooth接続出来るようにしたい方はUB500をご検討されてはいかがでしょうか。

ガジェット・デジモノ商品紹介・レビュー
スポンサーリンク
↓↓クリックで応援↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント