レンタルサーバーなら「ConoHa WING」

「sbavmon.dllを開始中にエラーが発生」の原因解決と対処法

ノウハウ・ハウツー

この問題は「Sound Blaster X-Fi Go! Pro」の専用ソフトをアンインストールした時に発生します。

RunDLL「sbavmon.dllを開始中にエラーが発生しました。指定されたモジュールが見つかりません。

もう一度専用ツールをインストールしようにも、本体は既に手放しておりセットアップを進めることができません。

エラー無視しても特に問題はなさそうですが、パソコン起動時に出てくるので鬱陶しいです;

スポンサーリンク

「CCleaner」でRunDLLエラーを解消

CCleanerの主な機能はキャッシュやレジストリのお掃除機能ですが、それ以外にも「ツール」には様々な機能が備わっております。

今回はその中で「スタートアップ」機能を利用します。

注:以下の作業を行う前にバックアップをされることをオススメします。
意図しない不具合によりデータが飛んでしまっても当方では保証いたしかねます。

CCleanerを起動したら「ツール」→「スタートアップ」を選び、今回はsbavmon.dllを開始しないようにするため「プログラム」の中の「Creative SB Monitoring Utility」を選択し右側の「エントリの」削除を選択します。

※画面では自動起動を無効にしていますが無効にしてもエラーは表示されました。

後は再起動して状態を確認するだけ。

上手く行けばエラーが表示されなくなると思います。

もし同じ症状で悩まれている方はお試し下さい。

上記の作業が終わりましたらCCleanerは不要、意図しない挙動を防ぐために速やかにアンインストールしておくことをオススメします。

Windows10ならタスクマネージャーからでもOK?

画面左下のWindowsマークを右クリックしタスクマネージャーを起動。

上部にあるタブの「スタートアップ」からCreative SB Monitoring Utilityを右クリックし無効化することでもエラーが改善されるとのことですが、動かないようにしているだけなので根本的な解決策なのかは不明。

ただ、こちらのやり方の方が安全かもしれません。

SB-XFI-GPR2を使用するにあたっての注意事項

Windows10の32ビット64ビット両方対応しており、私の環境ではどちらも問題ありませんでしたが、パソコン環境によっては専用ドライバー(公式サイトよりDLして下さい)がセキュリティソフトによって正しくインストールできない場合があります。
(ドライバーが正しく入っていないと付属コントロールソフト起動時に「サポートしているオーディオ デバイスが見つかりません」と表示されます)

その際にはセットアップ完了後、一度セーフモードに切替え、デバイスマネージャーよりオーディオ入力の中に「オーディオの入力および出力」で「マイク(SB X-Fi Go! Pro)」がありますので右クリックし、ドライバーソフトウェアの更新より正しいドライバが割当たるようにすると良いようです。

※設定完了後、再起動しても付属コントロールソフトが使えない場合のみの対処法です。再起動やシャットダウンするだけでドライバーが正常に当たる時もあります。

ノウハウ・ハウツー
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

  1. taka より:

    貴殿のこの対処方法で治りました感激!!
    Sound Blaster X-Fi Go! Proを過去に使用していましたが、現在は使用していないので、関係するアプリをアンインストールした途端、やっかいなこのエラーが出現。
    どうした物かと困って、諸先輩方の対処方法を検索した中で、素人でも最も危険性が低く、実施出来そうなのは貴殿の対処方法で、ズバリ、大正解でした。

タイトルとURLをコピーしました