”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

マウスのWindowsタブレット MT-WN1001、画面タッチセンサーが反応しない不具合を直す方法

マウスのWin10タブレット「MT-WN1001」タッチセンサーが反応しない不具合改善

マウスのWindows10タブレット「MT-WN1001」を格安でヤフオクで入手したのですが・・・

画面のタッチ操作できないなくて、ネット繋がらないし、音ならない。

とにかく不具合の多いジャンク品にあたってしまった模様。

大抵のことはドライバーパッケージで何とかなるのでWindowsアップデートでもかけてりゃすんなりと動いたりするものなんですが・・・今回の場合、Windowsアップデートだけでは画面のタッチセンサーを改善することができませんでした。

ということで別の方法でMT-WN1001の画面タッチセンサーを改善してみます。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

MT-WN1001のタッチセンサーを使えるようにする

調べてみた所、MT-WN1001に採用されているタッチセンサーは安価タブレットや中華タブレットに採用されてるSilead製。

このタッチセンサー、タブレットに合わせたドライバーのバージョンにしないとタッチスクリーンが反応しなかったり、タッチした所とは違う所が反応してしまうなどうまく動作しないという曲者なんですよね。

KMDF HID Minidriver for Touchをインストール

とりあえず、ドライバーを「Microsoft®Update カタログ」で探して過去を遡って順番にドライバーを入れてみたところ、

「Silead – Other hardware – KMDF HID Minidriver for Touch I2C Device 19.0.53.545」

上記のバージョンのドライバーがMT-WN1001に合ってるのかタッチ操作が正常に動作するようになりました。

マウスのWindows10タブレット「MT-WN1001」使用感レビュー&タッチ操作出来るように直したマウスのWindows10タブレット「MT-WN1001」使用感レビュー&タッチ操作出来るように直した

これでMT-WN1001でもWindowsタブレットらしくタッチ操作できます。

MT-WN1001で最新のWindowsのバージョンにアップデートしたらタッチ操作が不安定になってしまった方はぜひお試しください。

MT-WN1001の主なスペック

モデル名MT-WN1001
OSWindows10 Home 32ビット
プロセッサーインテル® Atom™ x5-Z8300 プロセッサー
クアッドコア / 1.44GHz / IBT時 最大1.84GHz / 2MB L2キャッシュ
メモリ2GB (オンボード/PC3-12800 DDR3L SDRAM)
ストレージ64GB
グラフィックスインテル® HD グラフィックス
WEBカメラ前面192万画素、背面192万画素
インターフェイス・ポートUSB3.0 (左側面×1)、micro USB (左側面×1)
micro SDメモリーカード(SDXC,SDHC含む/ 左側面×1)
Bluetooth® V4.0 + LE 準拠モジュール
IEEE 802.11 b/g/n 対応
ヘッドフォン出力 (左側面×1)
mini HDMI (左側面×1)

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です

2 − 1 =