Xiaomiの小型掃除機「Mi ハンディクリーナー ミニ」使用レビュー

ガジェット・デジモノ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

世界一の面倒くさがり屋、夢野千春です。
前回このキャッチフレーズを使ったのはブラウンシェーバーの刃を交換した記事以来でしょうか。

今回は日頃の面倒をちょっと改善と言いますか、
楽にしてくれる掃除機を購入しましたのでご紹介します。

夢野千春
夢野千春

下記の「掃除したいんだけど・・・。」の部分は個人的なお話が続きますので
お時間無い方はすっ飛ばしても大丈夫です。

私は掃除が嫌いではないと言いますか寧ろ整理整頓きちんとしておきたいタイプ、
掃除機もこまめに掛けたい、ただそれはあくまでも気持ちだけの話です。

私は掃除が嫌いではないと言いますか寧ろ整理整頓きちんとしておきたいタイプ、
掃除機もこまめに掛けたい、ただそれはあくまでも気持ちだけの話です。

一応動画や写真に映る所はそれなりに整えているつもりですが、
その周りがぐちゃぐちゃなんですよ。

部屋の全貌はお見せできませんが、
上記の写真のようにダンボールや商品箱の山と、機材と資料の山で埋もれています。
一応寝れる所は確保してますがカーペットの上という笑
(ベッドはあるのですがその上も物で溢れかえっています)

モノは減らしたいのですが中々減らない・・・
寧ろ増える一方です。

物で囲まれていると精神衛生上あまりよろしくない。
恐らく私の部屋だけよく燃えるでしょう笑
(笑い事じゃないな)

掃除したくなる掃除機を求めている

とりあえず掃除機掛けたい欲が出るとある程度片付けるのですが、
掃除機掛けたいという気持ちにさせてくれる掃除機がない。

まずこれらの掃除機が掛けれるスペースがありません。
てか、でかすぎて掃除する気にもなれません、掃除難易度高めです。

後、コンセントもパソコンから何やらで埋まっているので
コードレスクリーナーじゃないと無理。

ダイソンは吸引力が凄すぎて部屋にある吸ってはいけないものまで吸い込んでしまうのでNG。
後、コードレスの割にでかいので狭い所が掃除しにくいです。

Dyson Omni-glideだったら許容範囲かもしれませんが、
64,900円もするのでちょっと掃除するためにそこまで大金払えません。
でも・・・良さそうだなOmni-glide。

アイリスオーヤマのハンディクリーナーは安くてコンパクトでヘッドも充実していて良さそうなんですがこのブログ執筆中に見つけたので時遅し。掃除難易度は比較的低くてオススメかも。
気になるのは吸引力ですが、Amazonレビュー見る限り可もなく不可もなし、まぁまぁというところでしょうか。

他にも気になる掃除機はあるのですが、キリがないので本題に入ります。

Xiaomi Mi ハンディクリーナー ミニ

Xiaomiハンディクリーナー「Mi ハンディクリーナー ミニ」はスタイリッシュな円筒形のハンディクリーナー。水筒・・・ではないですよ?ちゃんとした小型掃除機です。

Mi ハンディクリーナー ミニを動画でチェック

動画でMi ハンディクリーナー ミニの付属品や実際使ってみた様子などを紹介しています。

スペック

製品重量約 0.5 kg
製品寸法267 × 55 × 55 mm
定格出力120W
定格電圧10.8V
入力5.0V = 2.0A, 10.0W
モーター回転88,000 rpm
吸引力13,000 Pa

同梱物・外観

Mi ハンディクリーナー ミニの付属品は、
マニュアル、Type-C充電ケーブル、隙間ノズル、ブラシノズル。
隙間ノズルとブラシノズルは連結して使用することが可能。

大きさはDyson V6と並べるとめちゃくちゃスリムでコンパクトなのがわかります。
こんなにスリムだと僅かな隙間とかもすんなり入り込めますし、
重量が500gとかなり軽量なので片手で楽に掃除ができます。

Mi ハンディクリーナー ミニの吸引力は?

吸引力は、、、やっぱりDysonかな。

でもMi ハンディクリーナー ミニも中々の吸引力。

部屋のカーペットの掃除をしたらとれるとれる、粉塵がめっちゃとれます。
大まかなゴミやホコリじゃなくて砂みたいな微粒子粉塵まで吸い取れるほどパワーはあります。

強モードにするとノートパソコンを持ち上げられるほどの吸引力。

気になったポイント

バッテリー持ちがイマイチ

Mi ハンディクリーナー ミニで残念なのが、
強モードだと9分しかバッテリー持たないんですよね。

9分では部屋の極一部しか掃除できません。

しかも急速充電非対応で1度の充電に2,3時間掛かるので
部屋全体を掃除するのに1週間くらいかかりそうです。

超小型ハンディクリーナーで
部屋全体を掃除しようとする考えがおかしい。
Dysonでざっくりと掃除して細かい所は
Mi ハンディクリーナー ミニで掃除すればええやん。

いや、掃除機2台使うのが面倒・・・。

読者のに殴られそうだな。

一応弱モードだと30分くらいもつので、
弱でざっくり掃除し、強で攻め込んでいく感じでやると丁度いいかもしれません。

USB接続しながら使えればいいのですが、残念ながらそれはできません。
新たな課題が生まれましたね。

コードレス・有線両方対応でかつMi ハンディクリーナー ミニのようなコンパクト掃除機がほしい。
充電スタンドもあると便利かも、ちょっとした振動ですぐコケるので;
Xiaomiさんお願いします。

お手入れが面倒

ワンタッチでゴミが落ちるはずが・・・

ダストカップ付近のところをボタン押せば
ワンタッチでゴミが落ちるはずなんですが、

ダストカップの構造が微妙で、
ゴミがギュッと凝縮されてパカッと開く所から落ちてきません。

ダストカップ・フィルターパーツは水洗い可能

ダストカップやフィルターはサッと水洗いできるのは衛生的に良いのですが、
掃除する度にフィルターを洗わないといけないので面倒くささを感じてます。

これも改善してほしいポイントかな。

後、交換用フィルターが別売で販売して頂けると助かります。

総評

Mi ハンディクリーナー ミニの評価をまとめるとこんな感じです。

  • スタイリッシュでコンパクトデザイン
  • コードレスで小型なので気軽に掃除ができる
  • ノートパソコンも持ち上がるほどの13000Pa吸引力
  • 水筒型なので狭いところにも置ける
  • USB-Cで充電できる
  • ダストカップ・フィルターが水洗いできる
  • バッテリー持ちが悪い
  • ダストカップを開いてもゴミが落ちてこない
  • 水洗いが面倒
  • USBで充電しながら使えない

サッと掃除できる便利さ

ということで不満ツラツラもありましたが、
個人的にはXiaomi Mi Vacuum Cleaner mini、買ってよかったと思っています。

USBで充電できる所も魅力的だし、
掃除機とは思わせない洗練されたスタイリッシュでスマートなデザイン。

鉛筆を持つ手で掃除できるくらいコンパクトかつ軽量。

一番求めていたのは「掃除に対する敷居の低さ」。

充電しておけばサッと使えるほどフットワークが軽いので合格です。
これで部屋も綺麗に・・・

それより物を減らなければ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました