”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

【2022年今でも使える?】CLOVA Desk 使用レビュー | LINEのスマートスピーカーの性能は?

2020年11月21日に楽天ブックスで驚愕の価格で投げ売りされていたLINEのスマートスピーカー「CLOVA Desk」。

通常価格は28,050円と性能なりのお値段ですが、それが当時は2,990円で売られていたので思わず購入。

本当は届いてすぐ記事にすべきだったのですが、今日はいつだ?笑

夢野千春
夢野千春

実は公開したのは2022年3月28日だったりします^^;

このままですと紹介もせずそのままお蔵入りしそうなのでCLOVA DeskについてTwitterでレビューしたものをまとめました。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

CLOVA Desk

スペック

CLOVA Deskの主な性能は以下の通り。

商品名CLOVA Desk
商品サイズ181.0 mm × 104.5 mm × 173.0 mm
重量915g
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac , 2.4GHz/5GHz Support
Bluetooth4.2(A2DP, AVRCP, SPP)
バッテリー3000mAh / 3.7V 内蔵バッテリー
カメラ5メガピクセル
画面7インチWSVGA(1024 × 600)タッチ付き
スピーカー20W(Full-Range Speaker ×2)
IR Blaster搭載(送受信機1、送信機2)
対応OSAndroid 5.0以上/iOS 11.0以上
マイクAnalog 2 inner MIC
電源9V / 3A DCジャック

開封・外観

https://twitter.com/studio__de__/status/1471851781747798016

長い間倉庫に眠っていたのか、バッテリーが完全に空の状態でした。

LINE CLOVA Deskの特徴

赤外線センサー搭載で家電を音声で遠隔操作

https://twitter.com/studio__de__/status/1479480070050058241
https://twitter.com/studio__de__/status/1472180602824957957

Amazon Echo、完全に使わなくなりました

https://twitter.com/studio__de__/status/1482959447148609538?s=20&t=UbQ1a5XlNNTk_BjJ98BOhw

赤外線センサー搭載で画面ついていてバッテリー内蔵で好きな所で使えるLINE CLOVA Desk。

すっかり気に入ってしまいAmazonのスマートスピーカー「Echo Flex」、全く使わなくなってしまいました。

クックパッドが使える

https://twitter.com/studio__de__/status/1485815772450816000?s=20&t=UbQ1a5XlNNTk_BjJ98BOhw

画面搭載スマートスピーカーだとクックパッドのレシピも画像つきで分かりやすい。

動画ブラウザでネットサーフィンできるが・・・。

https://twitter.com/studio__de__/status/1486226167216873472
https://twitter.com/studio__de__/status/1486228488617357313

よく聞き間違える

https://twitter.com/studio__de__/status/1506212483530629122?s=20&t=UbQ1a5XlNNTk_BjJ98BOhw

どうやらイントネーションで音声認識しているようで、「ねぇ、CLOVA」以外の言葉でも反応します。

総評

評価をまとめるとこんな感じです。

魅力なところ

  • 画面搭載でYouTubeで動画をみたりニュースや天気など視覚で情報を得ることができる
  • バッテリー内蔵で好きな場所に設置できる
  • 赤外線センサー搭載で家電を遠隔操作できる
  • LINEメッセージやビデオ通話ができる

気になったこと

  • 違う言葉でも反応してしまう
  • 音質が音楽聞く用としては低音が物足りない
  • ABEMAのサポートが終了している

LINEの「CLOVA」搭載デバイスがサービス終了、2023年3月30日以降はただのBluetoothスピーカー化

LINEは、2022年10月26日に同社が展開するAI「CLOVA」を搭載したスマートデバイスの販売と「CLOVA Assistant」サービスを終了することを発表。サービス終了後もBlutoothスピーカーとしては使えるとのことですが、音声操作などが行えなくなるため、実質文鎮化が確定しています。

うーん、魔改造しようにも物理端子が電源用しかないのでバラして部品取りくらいにしかならなさそうですね。

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です