K380をMacで使う時にキー配列をWindowsに合わせる方法

ノウハウ・ハウツー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

K380をMacで使用した時に設定次第では印字されている配列と異なることがあります。

例えば、「@(アットマーク)」を入力しようとすると「(鉤括弧)に、
「〜(チルダ)」を入力しようとすると「+(プラス)」なったりと、
独特なキー配列でめちゃくちゃ入力しづらい。

どうもMac用には小さくグレー印字されている文字が適用されているようですが、
あまりにも入力しづらい為、Windows同様のキー配列に設定します。

設定はとてもかんたん

macOSのシステム環境設定の「キーボード」より左下にある「キーボードの種類を変更」をクリックします。この際予め「Logicool Options」をインストールしておくことをおすすめします。

上記の画像が表示されたら「続ける」をクリックします。

左SHIFTの右隣のキーを押す
右SHIFTの左隣のキーを押す

キーボード両端にあるSHIFTキーの隣のキーを押すと自動的にキーレイアウトを認識します。
ここでは「JIS(日本語)」が自動選択、最後に「完了」ボタンを押します。

これでキーボードレイアウトがWindowsと同じようになりました。

Logicool Optionsでできること

ちなみに、Logicool Optionsではキーボードのバッテリー残量通知やファンクションキーの切り替え、Easy-Switchでどのデバイスに割当ているのか確認することができます。

半角全角キーをMacでも使う方法

Karabiner-Elements
A powerful and stable keyboard customizer for macOS.

半角全角キーを使う方法として「Karabiner-Elements」を使うのが良いとのことで
インストールしてみたのですが、「セキュリティとプライバシー」の「開発元”Fumihiko Takayama”のシステムソフトウェアの読み込みがブロックされました。」のところで「許可ボタン」を押しても反応しないことが判明

どうやらmacOS「High Sierra」の不具合だそうで、その場合は一度Macをセーフモードで起動し、
セーフモード上で「セキュリティとプライバシー」の「許可ボタン」を押すことにより解決するとのこと。私もこの方法で解決しました。

Karabiner-Elementsを起動したらTarget deviceで「Keyboard K380」を選択。

左下の「Add item」ボタンを押し、「From key」に「grave_accent_and_tilde (`)」を、
「To key」に「f13」など使われていないキーを選択します。

システム環境設定の「キーボード」を選択。

「ショートカット」タブの「入力ソース」「前の入力ソースを選択」を選びチェックを入れ、
上記画像でいう「F13」の部分をクリック、半角/全角キーを押すと割当完了。

ちなみに私はGoogle日本語を使用しているため、
「ことえり」や「半角カナ」など別のIMEはマイナスボタンで削除しました。

CommandキーをCTRLキーに割り当てる

Windowsの場合、CTRLキーとアルファベットキーの組み合わせでコピーペースト、全選択、検索などショートカットが行えるのですが、macOSの場合はCommandキー(altキー)と異なるキー操作になるため、よく操作ミスを起こすなど混乱が生じます。

この場合は「システム環境設定」「キーボード」の右下にある「修飾キー」ボタンをクリック。

「Control(^)キー」「Command」「Commandキー」「Control」にすることで馴染みのある操作感になり、macOSでもWindows同様の文字入力が行なえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました