iPadでゲームキャプチャカードが使えない?本当なのか解説

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

iPadだけではなくiPhoneもそうですが、なぜかApple端末ってウェブカメラやキャプチャカードなど外部機器の映像入力機能を搭載しませんよね・・・。

ネットで調べても意図的なのか「iPhone ウェブカメラ 有線接続」などで検索を掛けても「iPhoneをウェブカメラとして使う方法」みたいな感じで関連性のないページがヒットしてしまう。

ちなみに、Androidスマートフォンやタブレットは、キャプチャカードを使えばSwitchやPS5などのテレビゲーム、パソコンのプレゼン映像を取り込んだりすることができます。

その件については過去に紹介記事を書いたので気になる方は見ていただければと。

しかもキャプチャカードがソフトウェアエンコード式の場合はほとんど遅延がありません。

そう、Android端末であれば皆さんが望んでいることは簡単にできるんです。

iPadでゲームキャプチャカードは使えないの?

結論から言いますと、現状ではiPadでゲームキャプチャカードは使えない

というのもハードウェアとOSの特性上、外部映像入力機能が搭載されていないからです。

iPhone・iPadの画面をパソコンに取り込む方法は、HDMIアダプタまたはAirPlayを通じて世の中に出回っているのですが、iPadにキャプチャカードに接続したデバイスの映像を取り込む仕組みやそのようなツールは殆ど出回っていません。

殆どという言い方をしたのは下記に後述していますが、有志の方が作ったキャプチャツールが存在するからです。但しこれらはAmazonなど有名なECモールでは販売されていませんし高価なので気軽に導入できるものではありません。

IPカメラは使えるので外部機器をキャプチャしたいならWi-Fiであればできなくもありませんが、それだけのために別途機材を買う必要があるし有線よりも映像や音声の安定性が落ちるので微妙です。

これらの機材を使えばできなくもない

ライブ配信専用機材を使う

ライブ配信限定ということであれば単独でライブ配信ができる機材があります。

ライブ配信機器といえばBlackmagic Design社のATEM Mini ProやCerevo社のLiveShellなどがありますが、単独でライブ配信ができる機材は高すぎるんです。

Androidスマホを使えばスマホ本体(グーシムで200円とかで売ってるやつでもいい)と2000円前後で買えるキャプチャカードさえあればライブ配信環境が整うのにiPhone、iPadのためにライブ配信するのに何万も・・・てかそもそもライブ配信機器を使うとiPhone、iPadが不要。

それじゃあ意味がない。

FEBON iCAPTURE

実はiOS用にHDMIキャプチャツール「FEBON ICAPTURE」というものがあるんです。
ただ、満足して動く保証がありませんし日本では手に入れにくいものです。

後LightningのみなのでiPad Air (第4世代)で使えるかも不明。

公式サイトでは日本語ページがあり、親切に動画も用意されているため、
性能面や使い方などは問題なさそうです。

ただ、どれを買えば良いのかが不明。

恐らくこれを買えば良いんだと思いますが、4万ちょいと結構いい値段。

気軽に買えるものではありません。

結論

現状、iPadでゲームキャプチャカードを使うのはほぼ不可能。

できなくもないのですが、
それには専用の機材を新たに購入する必要がありますし追加費用が掛かります。

素直にパソコンかAndroid端末を買ったほうが幸せになれそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました