iOS版Rakuten LinkをiPhone SE(第2世代)で試してみた

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

2020年7月8日(水)からiOS版のRakuten Linkが提供開始。

これによりiPhoneでもRakuten Link経由での国内通話が無料で利用することができます。

海外でも指定66の国と地域は無料通話が可能というところも魅力的。

今回はiPhone SE(第2世代)でRakuten Linkが使えるのか試してみました。

Rakuten Linkとは?

Rakuten Link

Rakuten Linkとは、Rakuten Linkアプリを使って電話やSMSが行えるコミュニケーションツールです。

通話料金

Rakuten LinkはLinkアプリを使って発信すれば固定電話・携帯電話宛どちらでも国内通話無料。

また、Rakuten Linkを利用した場合は海外指定66の国と地域から発信可能、それ以外の地域に関してはWi-Fi接続中の場合のみ発信可能とのことですが、Wi-Fiでも通話できる所は魅力的です。

発信時

AndroidiOS
日本→日本の番号へ発信無料無料
海外→日本の番号へ発信無料無料
日本→海外の番号へ発信国・地域別従量課金国・地域別従量課金

着信時

AndroidiOS
日本で電話を受ける無料無料
海外で電話を受ける無料Rakuten Linkではなく
iOS標準通話アプリでの着信

無料通話可能エリアでも(0180/テレドーム・テレゴング)(0570/ナビダイヤル)などといった番号から始まる他社接続サービスや一部特番(188)への通話は、無料通話対象外なのでそれらの番号に電話する際は各種通話料金が発生するのでご注意を。

国・地域別従量課金エリアでは国際通話かけ放題を利用すれば、Rakuten Link経由で海外66の国と地域への通話が月980円でかけ放題になります。
よく海外の人と電話する場合は国際通話かけ放題に入っておいたほうがいいかもしれませんね。
日割り対象外にはご注意を。

海外からの着信時、iPhoneは損かも

iOSでのRakuten UN-LIMIT着信時の挙動

着信の場合、AndroidはRakuten Linkアプリで電話に出たら無料ですが、iPhoneの場合は着信時にiOS標準電話アプリで受けることになるので国・地域別従量課金となるとのことで要注意。

海外の人と電話される方はAndroidスマートフォンを用意したほうがいいかもしれません。

【海外指定66の国と地域】
アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア(2020年3月3日時点)

対応機種などその他サービス内容は以下URLよりご確認できます↓

第2世代iPhoneSEで試す

試しにiPhone SE(第2世代)でRakuten Link使ってみることに。

特にトラブルに陥ることなくすんなりとインストール・セットアップは完了。

通話は問題なく利用可能。

動画では触れていませんがSMSもOCNモバイルONEの電話番号宛にテストでメッセージを送ってみましたが、送受信共にパートナー回線接続時でも問題なく使えました。

後、Android版ではWi-Fi接続中に相手に電話をかけると、相手側には非通知や番号表示できませんみたいな表示がされRakuten UN-LIMIT回線の電話番号が表示されず「Anonymous」で表示されるといった問題がありましたが、iOS版はWi-Fi接続中に電話をかけても相手にきちんと電話番号が表示されるので相手に営業電話と勘違いされることもなくなります。
Android版は今でも非通知で表示されるのでOS的に厳しいのかなと

ちなみにiOS版Rakuten LinkでもUN-LIMITのSIMを外した状態でWi-Fi接続中に電話をかけると相手側に「Anonymous」 と表示され番号がわからない形となります。

後はMy楽天モバイルアプリが対応されれば日頃のデータ通信量とかも確認できてばっちりなのですがまだそちらは対応されていないみたいですね;

2021年8月現在、My楽天モバイルアプリにてデータ通信量が分かりやすく確認できるようになっています。

今までは非通知表示されるのが嫌でメインとして使って来なかったRakuten UN-LIMITですがこれからはiPhone SE(第2世代)用に運用していこうと思っています。

データ通信も通話も1年間は無料。

データ通信に関してはパートナー回線でデータ容量が上限行っても1Mbpsで利用可能。

有り難く使わさせていただきます^^

【2021年】iPhoneSE2、Rakuten UN-LIMIT&Link事情

2021年8月の時点でiPhoneSE2はRakuten UN-LIMITに正式に対応しており、データ通信・電話共に問題なく行えてます。

iPhoneの場合、SMSが有料化したのは少し痛いですが、メールで対応すればいい話なので何とかなります。

一時Wi-Fiを有効にしていると非通知発着信になることもありましたが、現在は発信・着信共に番号通知されるようになりました。

ただし、着信時はiOS標準通話アプリで受けることになるため掛け直す時は要注意です。

間違えてiOS標準通話アプリで掛けてしまうと普通に通話料が発生してしまいます。

度重なるアップデートでMy楽天モバイルの使い勝手はかなりよくなり、分かりやすくなりました。

仕事でよくRakuten Linkアプリを使って電話をするのですが、iPhoneSE2の場合は特に通話が途切れる音質が悪いといったことはありませんでした。

Rakuten Linkアプリ経由で電話すれば国内通話無料なので、気軽に仕事の電話ができとても助かっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました