「Pixel 4aレビュー」サイズ・カメラこういうスマホが欲しかった

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

2020年8月20日に発売されたGoogleのAndroidスマートフォン「Google Pixel 4a」。

発売日当日にゆうパックにて届き、しばらく使ってみましたので使用レビューします。

Google Pixel 4a

Google Pixel 4aを手に持ってみた

Google Pixel 4aとはGoogleによって開発されたスマートフォン。

SoCにSnapdragon730搭載、RAM6GB、ROM128GB(外部ストレージ使用不可)とバランスの取れており、SNSや動画視聴、ネットサーフィン、メールチェック、電話など、スマートフォンとして普通に使っている分にはサクサク快適に使えます。

スペック


Google Pixel 4a
OSAndroid 10
(最低 3 年間の OS とセキュリティのアップデート)
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™ 730G
2.2 GHz + 1.8 GHz、64 ビット オクタコア
GPUAdreno 618
Titan M セキュリティ モジュール
メモリ6GB
ストレージ128GB
ディスプレイフルスクリーン 147.6 mm (5.81 インチ) パンチホール付きディスプレイ
FHD+(1080 x 2340)OLED、443 ppi
バッテリー3140 mAh
Wi-Fi・無線Wi-Fi 2.4 GHz + 5 GHz 802.11a/b/g/n/ac 2×2 MIMO
NFC
Google Cast
GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou
Bluetoothver5.1 + LE、A2DP(HD コーデック: AptX、AptX HD、LDAC、AAC)
ネットワークモデル G025M
GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)
UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
LTE: 対応バンド 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 66
FeliCa
eSIM
カメラ(背面)12.2 メガピクセル(デュアル ピクセル)
画素サイズ 1.4 μm
デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
光学式および電子式手ぶれ補正機能
絞り値 ƒ/1.7
視野 77°
カメラ(前面)8 メガピクセル
画素サイズ 1.12 μm
絞り値 ƒ/2.0
固定フォーカス
視野 84°
動画【背面カメラ】
1080p(30 FPS、60 FPS、120 FPS)
720p(30 FPS、60 FPS、240 FPS)
4K (30 FPS)

【前面カメラ】
1080p(30 FPS)
720p(30 FPS)
480p(30 FPS)
マイクマイク x 2、ノイズ抑制
スピーカーステレオ スピーカー
イヤホン3.5mm
充電端子Type-C
AR・VRARCore
サイズ高さ 5.7 インチ、幅 2.7 インチ、奥行き 0.3 インチ
高さ 144 mm、幅 69.4 mm、奥行き 8.2 mm
重量約 143 g
カラーJust Black
パッケージ内容18 W USB-C® 電源アダプター
1 m USB-C – USB-C ケーブル(USB 2.0)
クイック スタート ガイド
クイック スイッチ アダプター
SIM ツール
商品ページを見る

手に馴染むちょうどいいサイズ感

ディスプレイは5.8 インチと最近の発売されたスマートフォンと比較すると小柄な印象、と言うより、最近のスマートフォンが大きすぎるんですよね。

このサイズが日本人の手にちょうど馴染みます。

左からXiaomi Mi Note10、Redmi Note 9S、Google Pixel 4a
左:iPhone SE2、右:Google Pixel 4a
Pixel 4aの方が少し縦に長い

4.7インチのiPhone SE2と比べると、本体サイズの差はPixel 4aの方が少し縦に長いのと、Pixel 4aはベゼルが狭い分本体サイズいっぱいに画面が配置されています。

ただ、縦に伸ばした分アスペクト比が16:9ではないため、スマホゲームを画面録画しYouTubeにアップした際に動画の上下に黒縁が発生してしまいます。

Pixel 4aアクセサリー

Pixel 4a用に落下防止保護ケースと画面保護フィルムも買ったのでご紹介。

Ringke 落下防止 スマホケース 

いつもスマートフォンを購入する時に必ずといっていいほどRingke製スマホケースを購入します。

比較的価格が安くそしてしっかりとした作りでちょっとした落下くらいなら問題なくスマートフォンを守ってくれます。

なお、背面はポリカーボネート素材の為指紋が付きやすいです。

両端にストラップホールがあるため、アクセサリーを付けたりスマートフォンを首から掛けたりすることができます。

ClearView Google Pixel 4a 用【高硬度9Hアンチグレアタイプ】液晶保護フィルム

高硬度9Hフィルムとのことですが薄く反り返っていたので液晶画面を保護出来るのかは不明ですが飛散を防ぐ効果はありそうです。

反射軽減具合は良好、サラサラとした滑り心地なのでタッチ操作もスムーズ。

販売会社も埼玉県にある日本の会社なので万が一の時も安心ですね。

カメラ性能

Pixel 4aには12.2MPのアウトカメラと8MPのインカメラを搭載。

今年発売されたスマートフォンと比較すると画素数が低めですが、アウトカメラにはf1.7の明るいレンズとAI機能を使うことにより、夜でもパッと明るい写真を撮ることができます。

撮例

YouTubeにて日中・夜間撮影時にどのように撮れるのか静止画・動画の撮例動画をアップしています。

夜は夜景モードにするとノイズを抑えパッと明るい写真を撮る事ができます。

動画撮影時は光学手ぶれ補正があるのでブレを抑えた動画を撮影することが可能。

また、Pixel 4aを三脚に立てて夜景モードにすると天体撮影が可能になり、スマートフォンでも綺麗な星空を撮影することができます。

ポートレート撮影はシングルカメラにしては頑張っている方

うさぎなど細かい毛が多い動物を撮影するとどうしても境界線部分のぼかしがうまく処理できていない感じはあるものの、後でぼかし量を調整できたり無くしたりする事ができるので、取り敢えずポートレートで撮ることをお勧めします。

パッと見は綺麗なんですけどもう少しって感じですね。

気になるポイント

ゲーム用としては厳しい

プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク

Pixel 4aでも遊べなくはないのですが、ノーツのスクロールがガクガクしながら降りてくるのと、タッチの反応がイマイチでタイミングを合わせて押すのが難しいです。

3Dモードを切ればノーツのスクロールはマシにはなるのですが、フリック動作時にいちいちステータスバーが表示されるのが気になります。

なお、iPhone SE2は3Dモードでもスクロールが滑らかでタッチ反応の遅延などは殆ど気になりません。

フォートナイト

取り敢えず動きはするのですが、スムーズとは言えずシーンによっては物凄く動作が重くなったり、Pixel 4a本体が異常に熱くなるのでとても快適にプレイできるとは言えません。

後、やはりタッチの反応がiPhoneやXiaomiスマホなど、手持ちのスマホより悪いです。

最新のスマホゲームで最も重いと言われている原神。

流石にPixel 4aも最高画質だとまともにプレイできないほど動作が重いです。

同じSoCを搭載したMiNote10でプレイした時はここまで重くはなかったので、おそらく放熱が追いついてない結果だと思われます。

放熱が追いつかない原因としては、Pixel 4a筐体に使われている素材や内部設計に問題があると考えられます。

ゲーム毎に画質を下げれば遊べなくも無いのですが、それでもプレイが快適になるほどでもないので、ゲーム用としても検討されている方はよく考えておいた方がいいと思います。

SIMスロットはSIMカード1枚だけ

SIMスロットはSIMカード1枚しか搭載できないため、物理SIMによるDSDVは不可能。

eSIMを使えばできますが、物理SIMの方が扱いやすいため不便さを感じます。

後、Micro SDカードが使えないのもデメリットポイントです。

おサイフケータイ対応だが非防水・ワイヤレス充電不可

Felica搭載なのでおサイフケータイとしての利用はできます。

コンパクトサイズなのでサッとズボンポケットから取り出して使えるのが便利。

防水防塵、ワイヤレス充電は非対応なので要注意。

発熱しやすくい

画像

普段ネットサーフィンや電話程度であれば全然問題ないのですが、動画撮影やゲームプレイすると結構熱を感じることが多く、発熱すると動作がカクカクしたり動画撮影の場合は録画が停止したりします。

最悪熱でOSが強制終了するため、高負荷・高温での使用は注意が必要です。

総評

スマートフォンとしては小柄で使い勝手のよいPixel 4a。

カメラ性能も悪くなく、サッと撮影すれば後はAI機能で綺麗に写真を補正してくれます。

動画撮影も光学式手ぶれ補正が搭載しているのでブレを抑えた動画が撮れる。

ただ、非防水にも関わらず発熱しやすく、状況によっては動画撮影やゲームプレイに影響することもあるので、正直万能スマホかというと微妙なところです。

普段メールチェックや通話、SNS・ウェブサイトを閲覧したり動画観たりなどといったスマホでよく使うことはストレスなく無難に使えます。

また、SoC730G、RAM6GB、ストレージ128GB搭載Googleスマホが42,900円で買えてしまうので、記事の内容的には厳しい評価に感じられるかもしれませんが、これでもPixel 4aは私の手持ちスマホの中ではメインスマホとして使っているので、言うほど悪くないといった感じだと思っていただければ幸いです。

特にポートレート写真は他のスマホには無い一眼カメラの望遠レンズで撮影したかのような被写体はくっきり、背景は思い切りぼかすといった写真が撮れるので、カメラ性能にしてはハイエンドスマホに引けを取らないほど性能の高さを感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました