レンタルサーバーなら「ConoHa WING」

【GENKI ShadowCast使用レビュー】スイッチやPSをノートパソコンでプレイ&録画ができる

ガジェット・デジモノ

ゲーム実況とかやってみたいんだけど高価な機材は買えない

ビデオ会議でカメラが必要なんだけどWEBカメラは画質が粗くて嫌

そんな方にオススメな商品をCHAM-JAPAN様より、SwitchやPS5をパソコンでプレイできる小型キャプチャボード「GENKI ShadowCast」をご提供頂きましたのでご紹介いたします。

CHAM-JAPAN様、ありがとうございます!

スポンサーリンク

GENKI ShadowCast

Nintendo Switch向けにガジェット商品を展開している「GENKI」

過去にSwitchをワイヤレスイヤホンに対応にする「GENKI Audio Adapter」Switch純正アダプターの10分の1サイズに凝縮した「GENKI Dock」など、Switchユーザーが求めている商品を誕生させています。

そんなGENKIが2021年に生み出したのは、小型ゲームキャプチャカード「GENKI ShadowCast」

GENKI ShadowCastは、ノートパソコンの画面でニンテンドースイッチやPS5などテレビゲームが楽しめるデバイスです。また、HDMI映像出力対応カメラをGENKI ShadowCastに接続すれば、お使いのカメラをパソコンのWEBカメラとしても使用することができます。

開封・同梱品

パッケージはこんな感じ。

同梱品はGENKI ShadowCast本体以外にも、

  • 日本語表記有りのマニュアル
  • ステッカー
  • USB Type-Cケーブル(両端共)

が付属していました。

本体はUSBメモリのようなサイズで重さ10gとかなり軽量コンパクト。

他社製品の場合、USB接続タイプのものが多いのですが、GENKI ShadowCastにはHDMI端子が付いているので、パソコン周りの配線がスッキリしゲームプレイに集中できます。

日本向け販売はType-C to A変換アダプターも同梱

日本向けに販売するShadowCastはUSB Type-Cケーブルの他、Type-C to A変換アダプターも同梱されるとのことなので、Type-CポートがないパソコンでもShadowCastを使用することができます。

スペック

必要動作環境はWindows・macOSとのことですが、私が試してみた所、Chromebook一部のOTG接続対応Androidスマートフォンでも動作しました。

セットアップ・各機能紹介

テレビ出力機能搭載のニンテンドースイッチの場合、Switchに同梱しているドックの側面にある蓋を開け、ACアダプター接続し、ドックのHDMIポートにShadowCastを接続。

そしてShadowCastとパソコンを付属のUSBケーブルで接続。

後はGenki ArcadeやOBS Studioなどキャプチャツールを起動しGENKI ShadowCastを選択していれば自動的にSwitchの映像がパソコン画面に表示されます。

Genki Arcade

GENKI ShadowCastにはGENKI Arcadeという専用ソフトウェアが用意されています。

このソフトを使用することでノートパソコンでも低遅延低負荷を実現し、ゲームを遊ぶことができます。

GENKI Arcadeを起動するとこのような画面が表示されます。

左側に設定メニューが表示され、メニュー上部に静止画撮影ボタンや実況音声を録音するためのマイクボタン、そしてゲーム画面を録画するための録画ボタンがあります。

また設定では、動作モードマイク設定録画ファイルの保存場所ゲームの音量設定など変更することができます。

選べる動作モードは2種類

動作モードは動作軽快モード(720p60fps)解像度優先モード(1080p30fps)の2種類選択可能。

左側が動作軽快モード、右側が解像度優先モード

上記画像のバーを動かしてみると解像度優先モードの方が鮮明なのが分かります。

GENKI Arcade 720p60fps
GENKI Arcade 720p60fps

動作軽快モードは、60fps出力可能なのでアクションゲームなどスピード感ある映像を楽しめます。

解像度優先モードは、フレームレートは30fpsと落ちるものの解像度が1080pと精細な映像出力ができるのでノベルゲームやRPGを遊ぶのにオススメです。

比較動画について

上記比較動画はブラウザ版GENKI Arcadeで録画したWebM形式動画のため、インストール型と比べると画質がかなり粗くなっています。記事執筆時ではWindows版GENKI Arcadeが録画に対応していないため、録画対応された際には検証動画を差し替える予定です。

また、モードに合わせてShadowCast本体のLEDの色が変わるので今どちらの設定にしているか設定画面を見なくても分かるようになっています。

記録フォーマットはMP4

左側:720p録画時/右側:1080p録画時

可変ビットレート・フレームレート方式のMP4で記録されます。

可変式なので上記画像とは実際フレームレートやビットレートが異なりますが、総ビットレートからみると解像度優先モードで記録したほうが高画質で記録できることがわかります。

隠しモード

某有名なゲーム会社のコマンド(↑↑↓↓←→←→BA)を入力するとこのように更に細かい設定を行うことができます。

この隠しモードはブラウザ版GENKI Arcadeでも行うことができます。

ただ、試しに1080p60fps設定にしても実際は1080p30fpsで録画されていたりするので、解像度とフレームレートの組み合わせにはコツがいります。

ブラウザ版GENKI Arcade

ブラウザ版GENKI Arcadeはインストール型とほぼ同等の性能を持ったキャプチャツール。

インストール不要でGoogle Chromeが搭載されているパソコンであればGENKI ShadowCast経由の映像出力が可能。

録画機能も搭載されていますが、記録フォーマットがWebM

WebMは動画編集ソフトとの相性が悪い形式の動画フォーマットですが、YouTubeはWebMにも対応しているため、録画した動画をそのままYouTubeにアップしYouTube Studio上で編集する手もあります。

他の録画ソフトも使用可能

GENKI ShadowCastGenki Arcade以外にもOBS StudioやXSplit Broadcasterなどのライブ配信ツールやキャプチャツールでも使用することが可能。

OBS Studio

OBS Studioの場合、ソース>映像キャプチャデバイスで「ShadowCast」を選択。

プロパティで解像度やfps設定を行います。

プロパティ下部にある「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れ、音声デバイスの「デジタルオーディオインターフェイス(ShadowCast)」を選択することでゲーム音声も録画や配信に乗せることができます。

チェック

上記の方法でゲームの音が配信側で鳴っていない、「カスタム音声デバイスを使用する」項目がない場合はソースの+ボタンを押し、「音声入力キャプチャ」のデバイス「デジタルオーディオインターフェイス(ShadowCast)」を選択することでゲーム音を配信で流すことができます。

「カスタム音声デバイスを使用する」を設定するだけではゲームの音がスピーカーやイヤホンでモニタリングすることができません。

その場合は、OBS Studio メニュー>編集>オーディオの詳細プロパティより、GENKI ShadowCastの映像キャプチャデバイスの音声モニタリングを「モニターと出力」に切り替えることでゲーム音声をモニタリングすることができます。

QuickTime

QuickTimeの場合は、カメラとマイク項目にある「ShadowCast」を選択することでHDMIデバイスの映像と音声を録画することができ、品質の「高」を選べば720p60fps「最高」を選べば1080p30fpsと画質を選択することができます。

動作検証

家にあるWindowsパソコン、MacBook、Chromebook、Androidスマートフォンそれぞれで動作検証をしてみました。

自作PCの場合

自作PC+GENKI Arcade720p録画時
自作PC+GENKI Arcade1080p録画時

第6世代Intel Core i7-6700K+Radeon RX580の自作パソコンではスムーズにプレイ可能。

720p、1080p共に録画をしても殆ど遅延が気にならないレベルでスプラトゥーン2などTPSゲームでも十分遊べます。マシン性能に余裕があるため、OBS Studioでのライブ配信も安定して行えました。

ただ、音声出力がモノラルとステレオイヤホンを使っても左右差のない音が出るため、FPSなど音の位置を要求するようなゲームだとプレイしづらいかもしれません。

12インチMacBook2016年モデルの場合

超省電力CPUのIntel Core M5が搭載されたMacBook2016年モデルで試してみたのですが、MacBookの性能のせいかお世辞にも快適とは言えず厳しい状況。

MacBook+GENKI Arcade1080p映像出力のみ
MacBook+GENKI Arcade1080p録画時

ゲームモニター用として使用している時は遅延は感じるもののまぁまぁ遊べるかなといった感じでしたが、録画を開始した途端にかなりの遅延を感じました

いくら低負荷・低遅延なGENKI ShadowCastでもパソコンが録画やライブ配信に耐えれるくらいの性能がないと厳しそうです

Chromebookの場合

ASUS製Chromebook「C423NA」でもドライバのインストールすることなく、すんなりとGENKI ShadowCastを認識。

ブラウザ版Genki Arcade720p60fps
ブラウザ版Genki Arcade1080p30fps

ブラウザ版GENKI Arcadeを使えば録画可能。

録画フォーマットがWebMなのでやや画質が粗いですがプレイを見てもらうには十分です。

遅延もMacBookほど感じられずスプラトゥーンも問題なくプレイ可能。

ただ、録画中はパソコン画面がカクついたりすることがあったので、あくまでもゲームモニター用として使ったほうが良さそうです。

Androidスマートフォンの場合

OTG接続可能なAndroidスマートフォンの場合、ブラウザ版Genki Arcadeは使えなかったものの、UVC対応アプリを使うことによりGENKI ShadowCast経由の映像出力が可能。

720Pで録画プレイ中の様子。映像は無いが1080Pも同等で録画可能
実際の録画映像

試しにRedmi Note10 ProでGENKI ShadowCastとUVCアプリを使って録画プレイしてみたのですが、コンマ何秒くらいの僅かな遅延はあるもののShadowCastを通じてスマホ画面でテレビゲームを遊ぶことができました。

OTG接続可能なAndroidタブレットでも理論上では同様に動く可能性があるのでちょっとでも大画面で楽しみたい方はタブレットの方がいいかもしれません。

UVCアプリについて

使用しているUVCアプリについてはこちらの記事で紹介しています。

総評

GENKI ShadowCastの評価をまとめるとこんな感じです。

  • コンパクトで軽量
  • 様々なOS・デバイスで使用可能
  • セッティングが簡単
  • 専用ソフトが用意されている
  • HDMI接続タイプなのでパソコン周りがスッキリする
  • 低遅延
  • 高画質なのでカメラを繋げてビデオ会議用にも使える

様々なデバイスで使えて、専用ツールも用意されて設定も簡単なので届いてすぐ遊べる。

端子がUSBではなくHDMIになっているのもパソコン側がスッキリするので個人的には好印象でした。

HDMI映像出力対応のカメラがWEBカメラとして使えるのも魅力的。

ビデオ会議やテレワーク用としても活躍します。

  • 音声がモノラル
  • 低遅延とはいえ遅延はある
  • パススルーできない
  • ブラウザ版GENKI Arcadeの記録フォーマットがWebM

遅延に関しては、パソコンやプレイするゲームによっては遅延が気になることもあるため、その場合はHDMIスプリッターなど映像分配器を使い、ゲームプレイ用とパソコン用と映像を分配させるといった手もあります。

後、ブラウザ版GENKI Arcadeの記録フォーマットがWebM形式なので画面の動きが多いゲームだとどうしてもブロックノイズが目立ってしまうのでインストール型GENKI Arcade同等の画質と記録フォーマットで録画できるとより使い勝手がよくなるのではと思いました。

こんな方にGENKI ShadowCastはオススメ

ということでGENKI ShadowCastをレビューさせていただきました。

とてもコンパクトでWEBカメラ感覚でサッと使える。

様々なデバイスやソフトで使えるので、

  • 家にテレビがない
  • 自分の部屋でゲームしたい
  • 一眼カメラをWEBカメラとして使いたい

という方におすすめしたい製品だと思いました。

2021年9月10日以降GENKI ShadowCastがAmazonにて一般販売されておりますので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました