高音質イヤホン入門用に「final E3000C」スマホ用イヤホン使用レビュー

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

最近イヤホンにどハマリ中の筆者。

少し前まではBluetoothイヤホンをちょこちょこ買っては試していたのですが、今回は評判の良いfinalのマイク付き有線イヤホン「E3000C」を買ってみたのでレビューします。

final E3000Cとは

final E3000Cは高い解像度とフラットでナチュラルな音質で定番と言える株式会社finalの製品。

4千円程度で買える安価なイヤホンですが安いからといって妥協はしてなさそうです。

ハイレゾにも対応。

マイク付きなのでハンズフリー通話用としても使えます。

同梱物・外観

付属品は専用ポーチ、イヤーピース、イヤーフック。

マニュアルはサイトからダウンロードするタイプです。

イヤーピースは左右判別しやすいように色分けされているのですが、イヤーピースって両耳同じ形だと思っていました。

E3000Cはスマートフォン用イヤホンなので、4極端子となっており、またボタン一つで再生・一時停止・巻き戻し・早送り・着信応答できるコントローラーと通話時に役立つマイクが搭載されています。

イヤホン部はステンレス切削高剛性筐体で鏡面仕上がり。

スタイリッシュなデザインで結構小柄で軽量のため、耳に負担がありません。

また、背面のステンレスメッシュは低音域を伸ばす効果があり、内側には音漏れを防ぐフィルターが内蔵されているようです。

音質

Amazonレビューをみると「音が籠もっている」といった書き込みを見かけたのですが、確かに高音域がやや丸く抑えられている感じはあるものの籠もっている感じはしませんでした。

寧ろ高音域を柔らかくすることにより全音域のバランスを整えている印象。

高音が鋭いと他の音域とのバランスが崩れキンキンうるさい耳障りな音になりがちになるので、個人的にはとても考えられたチューニングがされていると思いました。

悪く言えば特徴が無い音質、良く言えばモニター用イヤホンに良いかもしれない。

後、長時間聴いていても耳疲れしない優しい音です。

ただ、個人的にはもう少し高音のクリア感が欲しいかな。

長く使えば良くなっていくかもしれません。

MacBookAirで音質が変わった

今までWindowsパソコンやChromebookのイヤホンジャックに接続して音楽を聴いていたのですが、やはり高音に膜がかかった感じのモヤッとした音質。

試しにMacBookAirに接続した所、丁度いいくらいの高音が出るようになりました。

もしかしたらパソコン側のパワー不足だったのかもしれません。

迫力ある低音

高音がマイルドな仕上がりな分、低音域にパワフルさを感じます。

ただ、あくまでもナチュラルな仕上がりで他の音域やボーカルを邪魔しない、けど存在感と深みがある低音です。

音量を絞っても低音の存在感があるので、長時間音楽を楽しむことができます。

空間を感じる

響き方は左右からというより、その場の空間を感じられるようなサラウンド感を楽しめます。

後、チューニングが甘いと音同士が潰れがちで騒がしい音になるのですが、E3000Cは音一つ一つが聞き取れるくらいの鮮明さがあるので耳コピ用としても使えそうです。

後は、音楽以外にも映画やASMR動画観賞用としても臨場感あるサウンドを楽しめますね。

クリア=解像度が高い、ではない

音がハッキリ聞こえる、クリアに聞こえるのが解像度が高いとよく言われがちですが、解像度が高いというのは微かな物音まで聞こえることを言います。

E3000Cは高音は柔らかな仕上がりなものの、空気感や人の呼吸音、微かな物音も鮮明に聞こえるくらい解像度が高いです。

音量を上げても崩れない

音量を上げるとチューニングが甘いイヤホンだと音が割れたりただでかい音が出て騒がしい感じになりがち。

E3000Cは音量を上げても音が歪まずより迫力が増します。

カメラで例えると100円ショップのイヤホンが安価カメラ、E3000Cは高級カメラ。

安価カメラのISO値を高くするとノイズが大量発生するが、高級カメラだと高ISOでもノイズが入りにくい。

そんな感じです。

エージングは通常使いで

E3000Cは小口径であるため、エージングの変化がわかりにくくなるまでには大体150~200時間程度使用する必要があるそうです。

ただ、ピンクノイズとか雑音を鳴らすよりかは普段聴いている曲を流している方が繊細さが増し、本来final設計意図の音質になるとのことです。

エージングしなくても十分音質いいんですけどね。

総評

4千円台で買えるイヤホンとしては中々面白い音作りをされているなという印象。

特にサラウンド感に関しては、今まで1万以下の有線イヤホンでは味わったことがないくらい全方位から音が鳴っている不思議な感覚になります。

高音のクリア感を求めている人には物足りなさを感じるかもしれませんが、気に入らない人はあまりいないでしょう、万人受けする音質です。

低価格帯のイヤホンでここまで良い音が出るなら、上位モデルにも期待が高まりますね。

ガジェット・デジモノ商品紹介・レビュー
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました