パソコン内蔵・USBマイクの音量が小さい時は「Equalizer APO」で大きくする

アプリ・ソフト
スポンサーリンク

最近テレワークやネット配信などでマイクを利用される方が増えている中、

パソコンマイクの音量を最大にしているのに小さい

といった声をよく耳にします。

そもそもなぜマイクの音量が小さいのか?

マイクというのは様々な種類のものがあり、また電圧やインピーダンスもバラバラです。

マイクだけではなくパソコンやスマートフォンなど接続機器によっても入力仕様は異なるため、何名かが同じマイクを同じように使っても、「普通に使えるよ」と言う人もいれば「音が小さいよ」とか「音割れする」など結果が異なります。

マイクの音が小さい場合は電圧が低かったり、インピーダンスがマイク側と接続機器同士が合っていないことが考えられます。

マイクによってはゲインを上げることもできるタイプもありますが、ホワイトノイズが引き立つなどあまり良くありません。

↑私が以前使ってたマイク。音質悪くてすぐ手放しましたが音質が悪かったのもパソコンが原因でした。

接続機器に合わせたマイクを買うのは難しい

接続機器のマイク入力仕様に合ったマイクを買えばいい話ですが、そうなるとマイクは限定されますしそもそもどのマイクがパソコンに合っているのかわからない。

また他のパソコンでもそのマイクを使うかもしれない。

接続機器に合わせるのは難しい所です。

アンプを使う

Audio Technica(オーディオテクニカ)

お使いのマイクが3.5mmやフォン端子であれば有効的な方法です。

つまみを回すだけでマイクゲインの調整が行えます。

オーディオインターフェース・ミキサーを使う

私も使っているのですがオーディオインターフェイスを使うことでマイクゲインの調整を比較的簡単に行うことができます。

また、ライブ配信とかでBGMやパソコン内部音声をミックスして乗せることもできる、音量のバランス調整もしやすいため重宝しています。

アンプやミキサーはお金が掛かるしUSBマイクには使えない

アンプやオーディオインターフェイスを使えば比較的簡単にマイクの音量調整が行なえる反面、そこそこコストが掛かるのでお金に余裕がある方にしかオススメできませんし、そもそもこれらの機材はUSBマイクやイヤホンマイクでは使えないので買っても意味がありません。

そんな時には「Equalizer APO」

Equalizer APO

Equalizer APO」はその名の通り、パソコンのスピーカーやマイク音声の音量などを細かくコントロールすることができるフリーソフトです。

マイクゲインを調節するだけでなく、イコライザー機能やVSTプラグインとの組み合わせで様々な音声効果を加えることもできます。

また、マイクゲインについてWindowsのマイクプロパティより細かくアプローチすることもできますので、不必要にゲインを上げてしまいホワイトノイズが引き立ってしまうというのも防ぐことができます。(ノイズはVSTプラグインとの組み合わせで除去することもできます)

Equalizer APOの使い方

Equalizer APOのダウンロードからマイク音量調整、VSTプラグイン使用例を動画でご紹介しておりますのでご参考いただければ幸いです。

最後に

Equalizer APOを使えばもう音量調整機能付きマイクやミキサーなどを探す必要はありません。

安価なマイクですとノイズが引き立ってしまうこともありますが、声が小さく拾ってしまう問題よりかはマシです。

動画配信にせよビデオ通話にせよ相手に声が届かないと意味がありません。

急に新しいマイクを用意するのも時間はかかるしコストが嵩みます。

もし皆さんの中で

  • マイクの音量が小さい
  • 音質を良くしたい

と思われた方はEqualizer APOを試してみてはいかがでしょうか。

アプリ・ソフト
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました