【EC-SHIELD】MacBook用にぴったりな装着型パソコンスタンド

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

先日、ブログ執筆やプログラミングなど色々やるために購入した12インチMacBook。

こちらの記事で紹介しましたがフットワークが軽く割と気に入っているのですが、暫く使ってみて気になったことがありました。

キーボードの打ちにくさ・・・もあるのですが、それよりも気になるのが「発熱」

ファンレスパソコンだから仕方ないと思っていたのですが、4K動画が再生できるASUS Chromebook C423NAでは連続動画再生しても全然熱くならないんですよ。

ブログ執筆時もほんのりぬくもりを感じる程度で熱いと感じるほど発熱しません。
(C423NAを分解して分かったのですが結構しっかりとしたヒートパイプが内蔵されていました)

ただ、12インチMacBookは違っていました。

ブログ執筆中はそんなに熱くはならないもののやっぱりC423NAよりも熱を感じますし、1080p30fpsの動画を再生すると30分程度でスピーカーやロジックボード周りが熱いと感じるほど発熱します。

MacBookの場合、本体のアルミボディを活かして放熱しているんでしょうが、机に直置きすると熱が机に伝わってしまい、CPU温度が90度くらいいくことがしばしば。

高熱は処理速度低下の原因にもなるため対策は必要です。

設置型スタンドタイプの悩み
  • 設置型スタンドはかさばるし保管場所に困る
  • アルミ式折りたたみスタンドは耐久性が気になる

今回はそんな方にオススメのノートパソコン用スタンドをご紹介します。

EC-SHIELD ノートパソコン スタンド

EC-SHIELDはノートパソコンの底面に貼り付けるタイプのパソコンスタンドです。

アルミ合金製で軽くて丈夫、耐荷重は35Kg。

常にパソコンの底面にくっついている状態で使用するので、ノートパソコンを持ち歩く際にもかさばらず置き忘れるといった心配もありません。

同梱物・外観

パッケージはこんな感じ。

パッケージの中にはEC-SHIELD本体2つと粘着シート(3M)2枚と四角いものは4つ丸くくり抜けるようになっていました、恐らくゴム足です。

赤い保護フィルムを剥がすとこんな感じ。

パソコン背面に取り付けるとこんな感じ。

傾斜は1cmと5cmの2段階、角度は15度。

閉じた状態でも立てた状態でもゴム足によって固定されるので滑りにくくなっています。

12インチMacBookで使ってみた感想

結構傾斜があるなぁと思ってたんですが、打ち心地は思ったよりも良いです。

画面の位置も高くなるため、正しい姿勢でパソコン操作することができます。

グラつくこともないのでしっかりと文字入力ができますし、何よりMacBookが直接机に接地しないため、熱が籠もってしまうことを回避することができます。

今までは使えば使うほど熱くなっていたのですが、EC-SHIELDを使ってからは動画視聴しても平均60度くらいに安定。

文字入力しても熱を感じないため、ブログ執筆やプログラミングに集中できます。

まとめ

今まで熱対策といえば設置型のパソコンスタンドを使用していましたが、設置型は机のスペースを占領しますし、何よりも持ち歩くのが面倒なんですよね。

EC-SHIELDであればノートパソコンの底面に貼り付けるだけで15度の傾斜をつけることができますので、熱対策にもなりますし、傾斜によって安定した文字入力ができますので、腱鞘炎対策や姿勢改善にも繋がります。

もし、パソコン装着型スタンドをお探しの方はEC-SHIELDのノートパソコン用スタンド、ご検討してみてはいかがでしょうか。

ガジェット・デジモノ商品紹介・レビュー
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました