ドスパラがRTX+Ryzen搭載ゲーミングノートPCを10万円台と低価格で発売

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

ドスパラ(株式会社サードウェーブ)は2020年7月17日(金)にGALLERIA(ガレリア)シリーズ初のRyzen搭載ゲーミングノートPC「GALLERIA GR2060RGF-T」「【GALLERIA GR1650TGF-T】」の2モデルを発表。

「GR2060RGF-T」ゲーム・動画編集・配信。何でもござれ的な存在

GALLERIA GR2060RGF-TにはCPUにRyzen7-4800H(8C16T/ベース2.9GHz・ブースト時:4.2GHz)、GPUにNVIDIA GeForce RTX 2060(GDDR 6GB)を採用。
価格は129,980(税別)。
GPUにRTX2060を搭載。RTXシリーズの中で安価なGPUですが、レイトレーシング技術搭載モデルですので従来のGPUよりゲームを美しく描画することが可能。
また、CPUにはRyzen7-4800Hが搭載されておりますので、ゲームプレイだけでなく動画編集もRTX2060との組み合わせにより十分なパフォーマンスを発揮できると思います。
メインメモリも標準で16GB搭載されているため大抵のことは余裕で作業が出来るパソコンではないでしょうか。

【GALLERIA GR2060RGF-T】
(AMD Ryzen(TM) 7 4800H / NVIDIA(R) GeForce(R) RTX 2060(TM) )  \129,980(税別)

「GR1650TGF-T」安価ゲーミングPC、でもパワフル。

GR1650TGF-TにはCPUにRyzen5-4600H(6C12T/ベース3.0GHz・ブースト時:4.0GHz)、GPUにNVIDIA GeForce GTX1650Ti(GDDR 4GB)を採用。
価格は99,980(税別)。
ゲーミングノートパソコンとしてはかなりの低価格ですが、
動画編集はもちろんのことライブ配信やゲームプレイにも十分なスペックを持っています。
メインメモリが8GBなので動画編集やライブ配信をするには少々心細い感じがしますが、余程重たい作業をしない限りは8GBでも十分かと思います。
(因みに筆者のパソコンは常にメモリを12GB使用しているので最低でも16GBはほしい所)

【GALLERIA GR1650TGF-T】
(AMD Ryzen(TM) 5 4600H / NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1650Ti(TM) )  \99,980(税別)


なお、2モデル共通点としましては、
SSDが512GB(NVMe)、120Hz 薄型狭額ベゼル 15.6インチ FHD液晶(1920×1080ドット表示)、最新Wi-Fi規格のWi-Fi6対応Intel製無線LANモジュール(AX200NGW/IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n 2×2 Max2.40Gbps)

学生さんでもバイトを頑張れば買える価格設定ですので、
ゲーマーやYouTube動画配信者を目指されている方はどうでしょうか。

てか、私もこれ欲しいです笑

ガジェット・デジモノ商品紹介・レビュー
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました