”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

爆熱 Core i5-12400を頂いたDEEPCOOL「AK620」で冷やせるのか?

Core i5-12400がリテールクーラーだと爆熱、頂いたDEEPCOOL「AK620」で冷えるのか?

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、YouTubeチャンネル「夢野千春のガジェットレビュー」でガジェット商品のレビュー動画を投稿している夢野千春です。

普段から動画編集やライブ配信などでパソコンを酷使しているのですが、ちょっと気になっていたのがCPUの温度Core i5-12400のリテールクーラーの駆動音

温度はこういうもんかなぁと思いつつも動画書き出し時やライブ配信中は部屋の温度が17度くらいでも80度くらいまで上昇。後、Core i5-12400のリテールクーラーがそこそこうるさくて、高負荷時はファンが思いっきり回るのでめっちゃうるさいんですよね。

夢野千春
夢野千春

後なんか”ウイーンウイーン”と高速回転と低速回転を繰り返すのが気になりました。

そんな時にいつも仲良くして下さっている「Kazooさん(いつも「カズーさん」と呼んでいます)」から、「DEEPCOOL AK620」をオススメされていたんですが・・・。

今はまだ大丈夫かなぁ・・・っていう感じでずっと後回しに。

今年はいるかなぁ要らないかなぁ、他の安いのでもいいかなぁとか思っていた時に、

なんとカズーさんが「AK620」をお年玉としてプレゼントしてくださいました!

夢野千春
夢野千春

カズーさん、本当にありがとうございます!

ということで「AK620」を僕の自作パソコンに取り付けてみました。

また、Core i5-12400のリテールクーラーよりもどれくらい温度が下がるのか比較検証も行っていますので、ぜひ最後までお読みいただけますと嬉しいです。

それではまずは「AK620」がどういうものなのかご紹介と、それから同梱品・外観チェックを行っていきます。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

DEEPCOOL「AK620」の製品概要

【DEEPCOOL AK620】お年玉を頂いたのでパソコンに取り付けたらやばかったw Intel Core i5-12400のリテールクーラーよりも格段とCPU冷えるぞ!【DEEPCOOL AK620】お年玉を頂いたのでパソコンに取り付けたらやばかったw Intel Core i5-12400のリテールクーラーよりも格段とCPU冷えるぞ!
「DEEPCOOL AK620」については動画でもレビューしています

「DEEPCOOL AK620」は、2つのヒートシンクと冷却クーラーを組み合わせたデュアルタワーヒートシンク構造のサイドフロー型CPUクーラー。クーラーの高さが160mmに対応したパソコンケースで使用できます。

6本のヒートパイプで効率よくデュアルタワーヒートシンクにCPUの熱を伝え、2つの流体軸受け(FDB)の120mm径デュアル冷却クーラーで熱を素早く冷却。

夢野千春
夢野千春

「AK620」は、「Core i5-12400」に付属しているリテールクーラーよりもめちゃくちゃ静か。

なのにTDP 260Wまで対応するほど冷却効率が高いです。

スペック

製品名AK620 / AK620 WH
ヒートパイプ6本(直径6mm)
ファン120mmファン×2(PWM対応)
ベアリング方式流体軸受け
ファン回転数500~1,850rpm ±10%
最大風量68.99CFM
風圧2.19mmAq
ノイズレベル最大28dBA
定格電圧12V DC
定格電流0.12A
電源コネクター4ピン
本体サイズ129×138×160mm
重量約1,456g
対応CPUソケットIntel:LGA2066/2011-3/2011/1700/1200/1155/1151/1150
AMD:AM4
カラーブラック / ホワイト

パッケージ開封・同梱物&外観チェック

それでは「AK620」のパッケージを開封し、中身をチェックしていきましょう。

「AK620」のパッケージを開封すると・・・

中には「AK620」本体の他に、マニュアル、金具類、ドライバー、2分岐PWMケーブル、グリスが入っていました。

夢野千春
夢野千春

ドライバーやグリスが付属しているのはありがたいですね。

「AK620」本体はこんな感じ。Core i5-12400のリテールクーラーよりも倍以上大きいです。

そして重い…

夢野千春
夢野千春

1,456gあるからね…。

マザーボードの上でツルンと落としたら終わりです。

なんかよく分からないけどよく冷えそう。

「AK620」をパソコンに装着してみよう!

今まで片手で数えられるくらいしかパソコンを組み立てたことが無い僕ですが、カズーさん監督の元、「AK620」を恐る恐るそして荒々しく僕の自作パソコンに装着してみました。

①リテールクーラーを外す

Intel Core i5-12400のリテールクーラーを外してみたIntel Core i5-12400のリテールクーラーを外してみた

まずはCore i5-12400のリテールクーラーを外します。リテールクーラーはプッシュピン方式が採用されているため、取り外す時はピンをひねって引き上げるだけです。付着したグリスはエタノール(消毒液)を付けたテッシュで拭き取りました。

②マザーボードにバックプレートを装着する

「AK620」のバックプレートは、ネジ受けをパチンパチンとスライドさせることによりLGA1200/115XとLGA1700に対応。

バックプレートを装着すると裏はこんな感じになります。

そしてバックプレートをスタンドオフで固定します。

③ブリッジプレートを取り付ける

スタンドオフにブリッジプレートを乗せ、付属のドライバーとネジで固定します。

夢野千春
夢野千春

ブリッジプレートの装着位置に要注意!

④CPUにグリスを盛る

CPUの上にグリスを盛ります。付属のグリスは粘度が高くヘラで伸びにくいため、写真のように盛ると「AK620」を乗せた時に綺麗に伸びます。

⑤「AK620」に付いてるフィルムとダンボールを外す

「AK620」には保護用にダンボールとフィルムがついているので、装着前に取り除いておきます。

取り除くものは恐らくこの2点だけのはず。

⑥「AK620」をCPUに乗せネジを締める

予め「AK620」の内側に付いているクーラーを外しておき、CPUに「AK620」を乗せた後、ネジで固定します。

夢野千春
夢野千春

なんかずーっとネジが回り続けるので、ある程度手応えを感じた所で回すのをやめました。

⑦内側のクーラーを装着し電源ケーブルを接続する

「AK620」のネジ止めができたら内側のクーラーを装着。

夢野千春
夢野千春

ヒートシンクのフィンで指を切らないよう気をつけましょう。

最後に電源ケーブルを繋げば完成。

夢野千春
夢野千春

もしマザーボード側にCPUクーラー用の電源コネクタが1つしか無い場合は、付属の二股ケーブルを使います。

完成!

DEEPCOOL「AK620」クーラー側
DEEPCOOL「AK620」ヒートシンク側
夢野千春
夢野千春

カッコイイ!!

筆者のDEEPCOOLのイメージ

サイドフローCPUクーラー「DEEP COOL ICE BLADE 100」を買って自作パソコンにつけてみたサイドフローCPUクーラー「DEEP COOL ICE BLADE 100」を買って自作パソコンにつけてみた

僕の中のDEEPCOOLのCPUクーラーのイメージってICE BLADE 100のようなポップでチープな印象だったんですが・・・見違えるほど大きく変わりましたね。

冷却性能をCore i5-12400のリテールクーラーと比べてみた

Core i5-12400のリテールクーラーよりもどれくらい温度が下がるのか「CHINEBENCH R23」と「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」中のパソコン温度を「HWMonitor」を使って測定しました。

夢野千春
夢野千春

細かい検証はASCIIさんのこちらの記事が参考になります。

CHINEBENCH R23

CHINEBENCH R23:(左)Core i5-12400リテールクーラー/(右)DEEPCOOL「AK620」

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク:(左)Core i5-12400リテールクーラー/(右)DEEPCOOL「AK620」

総評

「AK620」はCHINEBENCH R23もFF XVベンチマークもCore i5-12400のリテールクーラーと比べて、なんと半分くらいまでCPUの温度が下がりました。ただCPUの温度が下がっただけでなく、マザーボードやM.2 SSD、メモリなどCPU付近にあるパーツの温度も共に下がったことを確認。

パソコンってあまり高温下で使い続けると寿命が縮むという話を聞かされていたのですが、これなら熱を気にすることなくパソコンを使うことができます。

後、Core i5-12400のリテールクーラーで気になっていた”ウィーンウィーン”といった高速回転・低速回転を繰り返す動作音も「AK620」では無いので、集中して作業ができほんと感謝感激雨あられです。

いやぁ・・・CPUクーラーって大事ですね

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です