”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

Davinci Resolve for iPadはショートカットキーでEditやFusion・Fairlightが呼び出せる

まともに使えるレベルではないし、アプリの破損、最悪iPadが壊れる可能性もあるため試すことはお勧めしません。

【裏技】○○すればiPad版DaVinci ResolveでもEdit・Fusion・Fairlightページが表示できます。【裏技】○○すればiPad版DaVinci ResolveでもEdit・Fusion・Fairlightページが表示できます。

海外のDavinci Resolve for iPad利用者からの情報でなんとiPad版でもEditやFusion・Fairlightなど本来使えないはずの機能がキーボードショートカットで呼び出せることが判明。

ただ表示させるだけでなく実際に動くことも確認しています。

Editページ

簡単にしか使っていませんが、特に目立った不具合はなく普通に編集できました。

自作したテロップやエフェクトを格納するのに便利なパワービンも使えました。

Fusionページ

Fusionもただ表示させるだけでなく、パラメーターを操作したりエフェクトをノードに追加することもできました。

Fairlightページ

あまり僕は音の編集はしないためFairlightは普段使わないのですが、一応表示させることができました。

ただ、音が途切れ途切れで動作はかなり不安定です。

デリバーページ

Davinci Resolve for iPadでは「Export」より動画の書き出しを行うのですが、デリバーページも表示させることができました。

書き出しも一応出来るのですが、第4世代iPad Airではメモリが足りていないのか書き出し途中でアプリが落ちてしまいました。

M1・M2チップ搭載iPad Proでも試してみたいのですが持っていないので検証はここまで。

Davinci Resolve for iPad、面白いなぁ。

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です