Core i5-12400ってどんな感じ?レビューまとめ

ガジェット・デジモノ

今まで第6世代Intel CPU「Core i7-6700K」搭載デスクトップパソコンを使用していた筆者。

そのパソコンが最近電源ボタンを押しても起動しなくなり使えなくなってしまったので、「そろそろ買い換えるかぁ」と重い腰を上げて第12世代Intel CPU「Core i5-12400」パソコンを組むことを決意。

既にTwitterやYouTubeなどでCore i5-12400について感想を漏らしているので、今までSNSで漏らした感想をまとめました。

レビューまとめ

パソコンパーツ紹介・組み立て

使用したパーツ

第12世代Intel Core i5-12400パソコンを組むのに使用したパソコンパーツはこんな感じ。

完成イメージ

Windowsインストール中にフリーズ、原因はメモリ

このメモリが原因でWindowsインストール中にフリーズしてしまう症状が出ましたが、取り敢えず他のメモリでセットアップを済ませ、CORSAIR DDR4-2666MHzを新たに購入し装着した所、とても安定して使えています。

パソコンの起動はこんな感じ

マザーボードが裏でチェックしている時間が長いようで家にあるドスパラのスリムパソコンと比べると10秒ほど遅い結果に、それでも十分速いです。

ソフトの起動が速い

動画の書き出しが速い

動画の書き出しはRX580より1分ほど早く書き出せる結果に。

4K動画もプロキシを作成すればサクサク快適に編集できます。

省エネ

リテールクーラーで十分かも

青リングは光りません

第12世代Intel Core i5-12400にはスタイリッシュなリテールクーラーが同梱。

オシャレだけでなく冷却性能も向上しているとのことです。

BFBで若干パフォーマンスが上がる

またCore i5-12400はBFBによるオーバークロックみたいなことができるみたいなので、簡易的ではありますが、CINEBENCH R23でBFB前と後どれくらいスコアが変わるのか、発熱や消費電力がどれくらいなのかHWMonitorでチェックしてみました。ちなみにクーラーはCore i5-12400のリテールクーラーを使用。

シングルコア性能

マルチコア性能

BFBを有効にするとシングル・マルチ共にスコアの向上が確認されましたが、温度に関してはなぜかシングルコアの方はBFBを設定した方が低めの結果に。

マルチコアについては想定通りBFBを設定した方が温度上昇が見られ80度近くいきましたが、何度ベンチマークテストを行ってもあまり80度以上にはならないので、リテールクーラーでも十分CPUを冷やすことができると思います。

BFB前
BFB後

WD SSDは理論値に近いパフォーマンス

ガジェット・デジモノ商品紹介・レビュー
スポンサーリンク
↓↓クリックで応援↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
\参考になったらシェアお願いします!/
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-(スタジオ ディー・イー)

コメント

※コメントは承認制です。承認されるまで表示されません。