”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

CIO SMARTCOBY Pro 30W レビュー、PD・QC対応でパソコンも充電できるモバイルバッテリー

アイキャッチ「『CIO SMARTCOBY Pro 30W レビュー』PD・QC対応、パソコンも充電できる10,000mAhモバイルバッテリー」

外出時のスマホのバッテリー切れに大活躍なモバイルバッテリー。

最近はパソコンもUSB Type-Cで充電できる製品も増えてきたのでモバイルバッテリーでもパソコンが充電できたらなぁ・・・。

そんな時にCIO様のTwitterキャンペーンが開催されていたので運試しにと応募してみた所、

見事に当選!

そして10,000mAhの容量で30W急速充電が可能な「SMARTCOBY Pro 30W」を頂きましたので、どんな感じなのかレビューします。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

SMARTCOBY Pro 30W

写真「CIO SMARTCOBY Pro30W」

SMARTCOBY Pro 30Wは10,000mAhのモバイルバッテリー。

手のひらにすっぽりと収まるくらいの本体サイズで12V30Wの急速充電に対応しており、パススルー充電とUSB-AとUSB-Cの両ポートを使用することで2台のデバイスを同時充電することが可能。

モニターはデジタル残量%表示LEDを採用されているので、バッテリー残量が分かりやすくなっています。

スペック

CIO SMARTCOBY Pro 30Wのスペックは以下の通り。

型番SMARTCOBY Pro 30W
内蔵バッテリーリチウムイオンバッテリー
対応急速充電規格PPS/PD3.0/PD2.0/QC4+/QC3.0/QC2.0/SCP/S-VOOC
入力(USB-C)PDO 5V-3A/9V-2.22A/12V-1.5A(20W Max)
出力(Type-C)PDO 5V-3A/9V-3A/12V-2.5A(30W Max)
PPS 3.3-6V 3A/3.3-11V 2.7A(30W Max)
出力(USB-A1)SCP/S-VOOC/QC 4.5-5V 5A/9V-3A/12V-2.5A(30W Max)
充電時間2.2時間
サイズ約77mm×56mm×26mm
重量183g
保護機能過充電保護・短絡防止・温度保護・過電圧保護・過放電保護・過電流保護
サイクル回数約500回
付属品本体 / 説明書(日本語) / 充電ケーブル(type-c to type-c)0.5m

開封・同梱物チェック

パッケージはこんな感じ。

パッケージを開封すると中にはSMARTCOBY Pro 30W本体以外に

  • PRカード
  • 取扱説明書(日本語対応)
  • USB Type-C to Cケーブル

が付属していました。

付属のUSB Type-C to CケーブルはCIOのロゴ付きで他のケーブルと混ざっても分かりやすいです。

ただ、USBケーブルの長さがカタログスペック上とは異なっており、商品ページやパッケージ・説明書には0.5mと記載がありますが、実際は30cmほどでした。

個人的には短いほうが持ち歩きにかさばらなくて良いかなと思いましたが、0.5cmの充電ケーブルが付属していると思っている人には「あれっ?」と思われるかもしれません。

外観チェック

それではSMARTCOBY Pro 30Wをチェックしていきましょう。

外観はこんな感じ。マットな仕上がりでサラサラとしていて気持ちいい手触りです。

ブラックカラーは指紋汚れが気になるかなと思っていたのですが、

清潔感あるホワイトカラーもあるとのことなので、

  • 指紋が気になる人
  • 白物ガジェットが好きな人

にはホワイトが良さそうです。

LEDモニター部分には保護フィルムが貼ってあります。

Amazonの商品レビューを見ると「画面に傷がある」といった書き込みを見かけますが、恐らくこのフィルムを剥がしていないからだと思われます。

夢野千春
夢野千春

画面保護のため、フィルムは貼ったままの方がいいかもしれません。

USB端子は両端にType-AとType-Cポートが1つずつ搭載。どちらも最大出力は12V30Wです。

モニター側には電源ボタンがあり、軽く押せば残量表示・電源オン、5秒長押しで電源を切ることができます。

デバイスまたは本機充電中は常時モニターが点灯しています。

SMARTCOBY Pro 30Wの特徴

SMARTCOBY Pro 30Wの主な特徴をご紹介します。

特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 急速充電対応でコンパクト
  • モニターはデジタル%表示でバッテリー残量が分かりやすい
  • パソコンやタブレットも充電できる
  • 2台同時充電が可能
  • パススルー充電が可能

急速充電対応でコンパクト

SMARTCOBY Pro 30Wは12V30W急速充電対応10,000mAhモバイルバッテリーの中で世界最小級クラス。

本体サイズはクレジットカードやポイントカードほどで第2世代iPhoneSEよりもコンパクト。

厚みは第2世代iPhone SEの3台分ほどありますが、重さは183gと6インチスマートフォンくらいなので気軽に持ち歩けます。

鞄の中に忍ばせておけばいつでも最大12V30W急速充電ができるので、いざという時の頼もしい存在。

モニターはデジタル%表示でバッテリー残量が分かりやすい

モニターは1%単位での残量表示が可能。バッテリー残量が5%を下回ったり本機を充電している時は点滅します。

また、デバイスがPDやQCに対応している場合は自動で急速充電を行い、急速充電中は緑のアイコンが点灯します。

SMARTCOBY Pro 30Wを充電している時も1%単位で充電の確認や急速充電の確認ができます。

パソコンやタブレットも充電できる

最大12V30Wの急速充電に対応しているので、スマートフォンだけではなく、パソコンやタブレットなどあらゆるデバイスを充電することができます。

いくつかデバイスを充電してみたのを表にまとめましたので参考になれば幸いです。

デバイスデバイス充電量バッテリー残量
第2世代iPhone SE
(充電回数:412回/1579mAh)
Type-A:100%Type-A:75%
第4世代iPad Air
(充電回数:142回/7006mAh)
Type-C:82%Type-C:0%
2016年モデル12インチMacBook
(充電回数671回/3906mAh)
Type-C:98%Type-C:0%
ASUS Chromebook C423NA
(充電回数88回/4800mAh)
Type-C:80%Type-C:0%
Rakuten Mini
(充電回数:不明/1250mAh(デザイン))
Type-C:100%Type-C:84%
Nintendo Switch(2017年モデル)
(充電回数:不明/4310mAh(デザイン))
Type-C:100%Type-C:38%
※記載の各デバイスバッテリー容量はデザインキャパシティではなく消耗した状態でフル充電時の数値です。(デザイン記載を除く)
※充電はデバイスをスリープ状態で行っています。
※「バッテリー残量」欄にはSMARTCOBY Pro 30Wをフル充電からデバイスを1回充電した際のバッテリー残量を記載しています。

私の第2世代iPhone SEだと充電回数は大体3、4回ほど。がっつり使っても1日は十分に使えますし、パソコンもフル充電とはいきませんが、搭載容量の半分以上は充電できるので予備のバッテリー代わりとしても十分果たします。

2台同時充電が可能

同時充電の注意「※2台同時充電時は急速充電はむこうになります。※2台同時充電時は合計約18Wを各デバイスに割り振り充電を行います。」

USB-A・Type-Cポートそれぞれデバイスを接続することで2台同時充電が可能。

例えば、自分と家族や友達のスマートフォンを同時充電させたい時や、複数台のスマートフォンで位置情報ゲームをする時でもSMARTCOBY Pro 30Wは活躍しそうです。

※同時充電中は急速充電機能は無効、約18Wを各デバイスに割り振り充電になります。

パススルー充電が可能

パススルー充電の注意「※パススルー充電時は急速充電はむこうになります。※パススルー充電時は通常の充電・蓄電よりも時間を要します」

複数ポート付きのUSB充電器を所有している人にはメリットを感じにくい機能ですが、MacBookなどUSBポートが1つしかない充電器を使っている人にとってはパススルー充電が大活躍。

これなら別途マルチポート対応充電器を買わなくても、USB充電器と本機をType-Cで接続し、本機とデバイスをType-Aで接続することで、デバイスの充電が完了した後、自動的にSMARTCOBY Pro 30Wの充電が行われます。

注意点としてはパススルー充電中は急速充電・蓄電は無効になるので、就寝中など長時間デバイスを使わない時に充電を行うことをオススメします。

デバイスの充電が完了すると自動的にSMARTCOBY Pro 30Wの急速充電が始まります。

気になったポイント

SMARTCOBY Pro 30Wを使ってみて気になったこともあったのでまとめてみました。

主な気になるポイントはこんな感じ。

  • 2台同時充電・パススルー充電だと急速充電ができない
  • 耐久性が心配

2台同時充電・パススルー充電だと急速充電ができない

2台同時充電や充電器に接続しながら本機とデバイスを充電できるパススルー充電だと急速充電ができないため、通常の充電よりも充電にかなり時間が掛かります。

また、パススルー充電に関しては20V45Wまで対応している充電器に接続しても急速充電ができないだけでなく蓄電も殆どされていない状態なので、デバイスを充電しながら本機も充電できるといったことは期待しないほうが良さそうです。

耐久性が心配

Amazonの商品レビューを見てみると「信じられないほど熱を持つ」「バッテリー容量が70%からいきなり0になる」といった製品不良を訴える書き込みがあり、耐久性が気になる所。

私の元にやってきたSMARTCOBY Pro 30Wは、20回ほど充放電を繰り返しても今の所デバイスの充電は問題なく行えていますし、発熱に関しても多少モニター側が熱を持ちますが、触っていられないほどでもないため、多少個体差はありそうです。

もし問題があれば半年の交換対応もされているようなので、異常を感じたらメーカー様に問い合わせされることをオススメします。

CIO SMARTCOBY Pro 30Wのレビューまとめ

魅力なところ

  • PD・QC急速充電対応でコンパクト
  • モニターはデジタル%表示でバッテリー残量が分かりやすい
  • パソコンやタブレットも充電できる
  • 2台同時充電が可能
  • パススルー充電が可能

気になったこと

  • 2台同時充電・パススルー充電だと急速充電ができない
  • 耐久性が心配

手のひらサイズで10,000mAhのバッテリー搭載、USB Type-CとType-Aポート付きのモバイルバッテリーは他にもあるのですが、12V30Wの急速充電対応モバイルバッテリーはブログ執筆時点ではSMARTCOBY Pro 30Wくらいです。

2台同時充電やパススルー充電、デジタル残量表示機能など便利な機能も搭載しており、様々なシーンを想定して設計されている印象を受けました。

お値段は4,378円(2021年12月22日時点)と少し高めですが、スペックを考えると妥当な価格設定だといえます。

もし皆さんの中で「携帯」・「高出力」・「多機能」なモバイルバッテリーを求めている方はSMARTCOBY Pro 30W、ご検討されてはいかがでしょうか。

他にもCIO製品をレビューしています↓

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です

ten − 8 =