”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

【CIO KJ-C03】QC3.0対応USBポート付き電源タップを使ってみた

CIOの電源タップKJ-C03 レビュー

私の部屋には6ポート接続の電源マルチタップが2つあるのですが、パソコンなどを接続していると足りないんですよね。

最近はUSBで充電するデバイスも増えてきたことにより、USB充電器もとなると配線がごちゃごちゃに。

なんとかならないものかと思いAmazonで探していた所、CIOの3タップ・USB4ポートハイブリッドマルチタップ「KJ-C03」を発見。

買ってしばらく使ってみましたのでレビューします。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

CIO KJ-C03

CIO KJ-C03は、コンセントが3つ、USBポートが4つ搭載しているハイブリッドマルチタップです。

こういうタイプのマルチタップは大抵本体に電源プラグが搭載されているのですが、KJ-C03は電源プラグ部をケーブル式にすることで他の電源プラグとの干渉を防ぎ無駄なくコンセントを使用することができます。

4つのUSBポートの中の1つはQuickCharge3.0に対応しており、最大18W出力(合計30W)が可能。対応デバイスであれば急速充電が行えます。

価格はAmazonで2,180円(2021年11月17日時点)。

私が購入した時はクーポン適用で1,780円と安く購入できたのでお買い得でした。

開封・同梱物・外観チェック

写真「CIO KJ-C03のパッケージ」

パッケージはこんな感じ。

製品の特徴が記載されたマニュアルも付属。

CIO KJ-C03、QC3.0対応USBポート付き電源タップ

KJ-C03の外観はこんな感じ。スッキリとした見た目とホワイトカラーで清潔感があります。

本体サイズは手のひらほどで、外出の際にカバンの中に入れて気軽に持ち運べるくらいコンパクトサイズです。

背面にはコンセントが一つあります。

電源ケーブルは側面に収納されており、ケーブルは25cmと長すぎず短すぎず丁度いい長さ。

電源プラグ一体式ですと、1枚目の写真のように隣同士のプラグと干渉してしまいます。

KJ-C03の場合、ケーブル式のためコンセントを無駄なく使うことができますし、しっかり挿し込むことができるので、プラグ部がグラついて抜けてしまう心配もありません。

ちょっと気になること

私の元にやってきた個体は今の所問題なく使用できていますが、Amazonレビューを見てみると「QC3.0の部分からブラスチックが溶けた」とか「充電不良」「USBが使えなくなった」などトラブルもあるそうです。

KJ-C03は半年の製品保証がありますので、万が一のトラブルの際はすぐお問い合わせされることをおすすめします。

使用レビューは動画をチェック

【CIO KJ-C03】電源3タップとUSB3ポート+QC3.0USB付きハイブリッドマルチタップを買ってみた【CIO KJ-C03】電源3タップとUSB3ポート+QC3.0USB付きハイブリッドマルチタップを買ってみた
割引クーポンは既に期間終了しています

動画にて実際使ってみた感想をお伝えしています。

他にもCIO製品をレビューしています↓

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です

one × three =