”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

Google ChromeでJPGやPNGに画像保存する方法、「 Save image as Type 」でWebPのイライラからおさらば

当ブログもそうなんですが最近画像をWebP形式にするサイトが増えましたよね。

WebPを採用する理由としてはJPGやPNGよりも軽量だからなんですが、ダウンロードユーザーからするとめっちゃ面倒・・・。

パソコンに画像を保存してもソフトが読み込めない!

イライラする!!

Windowsの場合、OS標準搭載のペイントや最近ではPhotoshopがWebPに対応しましたが、それでもまだまだ対応していないソフトが多く、画像を読み込めるようにするためには、一度ペイントソフトでJPGなどに変換が必要などとても手間が掛かります。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

Chrome拡張機能「 Save image as Type 」

何かいい方法ないだろうかと探していた所、便利なChrome拡張機能を見つけました。

Save image as Type

ChromeやMicrosoft EdgeにSave image as Typeをインストールするだけで画像を右クリックした時にJPG・PNG・WebPに保存できるようになります。

資料作成でよくネットから画像をダウンロードされている方にオススメです。

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です

one × 4 =