”ちょうどこの情報欲しかった”に寄り添うガジェットレビューブログ | スタジオ ディー・イー

【比較レビュー】BEHRINGER C-1のノイズが酷いのでB-1に変えてみたら劇的に改善!

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、YouTubeチャンネル「夢野千春のガジェットレビュー」でガジェット商品のレビュー動画を投稿している夢野千春です。

YouTubeなど動画やライブ配信で1年以上活躍してくれているコンデンサーマイク「BEHRINGER B-1」。

購入してから1年ほど経ちますが今のところ特に不具合はなく安定して使えています。

【音質比較】BEHRINGER C-1のノイズ対策、ケーブルをBELDEN8412→8423に交換してみたが。【音質比較】BEHRINGER C-1のノイズ対策、ケーブルをBELDEN8412→8423に交換してみたが。

B-1を使う前は同じくBEHRINGER製のエントリーモデル「C-1」を使っていたのですが、なんかバックグラウンドでずっと「ブーン」「サー」「ジー」「チリチリ・・・」といったホワイトノイズが盛大に入りがちで物凄く不快に感じていたんですよね。

ケーブルやミキサーの設定やら色々試してもノイズは改善されなかったため、思い切ってB-1にしたって感じです。

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

BEHRINGER B-1レビュー、C-1との比較

behringerのマイクB1を買ってみた、C1と音質比較検証behringerのマイクB1を買ってみた、C1と音質比較検証
BEHRINGER B-1レビュー、C-1との比較を動画をチェック!!

C-1を使っていた時はホワイトノイズが酷くて、「コンデンサーマイクだからノイズ乗りやすいんかな」とか思ってたんですが、マイクをB-1に変えた所、気になっていたノイズはスッと消えたので正直驚きました。

B-1って1万超えるので躊躇してC-1買っちゃったんですが、寄り道せず最初からB-1買っておくべきでしたね。

でもこうやって比較動画が作れたので結果オーライ。

皆さんのマイク選びの参考になれば幸いです。

ほんとBEHRINGER B-1、音質良くて買って良かったです。

VTuberになるなら音質は大事よ(私はVTuberでも歌い手でもないけど)

BEHRINGER B-1のスペック

タイプコンデンサーマイク
指向性単一指向性
ダイヤフラム1インチ ラージダイアフラム
周波数特性20Hz-20kHz
出力インピーダンス50Ω
感度20mV/Pa
最大SPL138dB
等価雑音ノイズ13dB-A
S/N比81dB-A
出力コネクタXLR3ピン(オス)
電源ファンタム電源48V、3mA
フィルター6dB/Octave at 75Hz
アッテネーションスイッチ-10dB
サイズ・重量径58mm、長さ174mm・461g
付属品キャリングケース、ショックマウント、ウィンドスクリーン

B-1買うならサウンドハウス

ちなみにB-1は店によって価格がかなり変動しており、特にAmazonはマーケットプレイスが入ってくると価格がバラバラになる(Amazon販売・発送は割とまともな価格設定)。

本来は1万ちょいくらいで買えるものなので、確かな価格で買いたいならサウンドハウスがオススメです。

コメントを残す



コメントは、以下の項目を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。
が付いている欄は必須項目です

eight + 14 =