【ASUS Chromebook C423NA使用レビュー】できること・できないこと

ガジェット・デジモノ
スポンサーリンク

先日開催されていた2021年3月のAmazon新生活セール。

Amazon商品を始め様々な商品が安くお買い得になっている中、私は18,800円で販売されているASUSのChromebook「C423NA」に惹かれて購入。

今までWindows・Mac・Linuxは触ったことはありましたが、Chromebookを触るのは初めてです。

どんな感じなのかチェックしていきましょう。

Chromebookとは?

Chromebookとは?

そもそもChromebook(クロームブック)とは何か?

Googleが開発しているOS(オペレーティングシステム)「Google Chrome OS」を搭載したパソコンのこと。デスクトップモデルはChromeboxと言います。

Chromebookの特徴
  • 同スペックのWindowsパソコンと比べると動作が軽く、起動も6〜15秒ほどと早い。
  • HTML5などで構成されたWEBアプリ、Linux、Androidアプリが動作する。
  • Linux開発環境を簡単に導入できる。
  • OSアップデートは完全にバックグラウンドで行われる。
  • プロセスはサンドボックス内で行われる為、ウイルス対策が不要。万が一ウイルスが混入されているサイトを開いてしまってもタブとシステムは分離されている為、他の部分を見ることができない。
  • Android端末とペアリングしている場合はパスワードを省略、Android端末のネット回線の共有・通知表示ができる。
  • Windowsと同じくマルチウィンドウ表示が可能。
  • 10時間駆動を謳う端末が多いほどバッテリー持ちが良い。
Chromebookのデメリット
  • 直接プリンタをUSBに接続して印刷できない。
  • 基本スペックが低くストレージが少ないものが多い。(最近は性能が向上しているモデルも増えてる)
  • ドライバが必要な光学ドライブなどは使えない。
  • Chromeリモートデスクトップのクライアントは動くが、ホストにはなれない。
  • 基本データはGoogleドライブに保管されたものを使用するため、一度パソコン内にキャッシュしてから開くためネット回線、パソコンの性能、ファイルサイズによっては開くのにかなりの時間がかかる場合がある。(ローカルストレージ内に保存できるものは保存しておくことをおすすめします)
  • PlayストアやLinuxアプリはSDカード内に移動することができない。
  • WindowsやMacと違い端末ごとに更新ポリシー期間が設けられ、それを過ぎるとOSアップデートが受けられなくなる。

思っていたよりできることは多いとは思いますが、それでもWindowsと比べると柔軟性に欠ける為、あれやこれやと機能を求めず物書き用デバイスとして考えて使ったほうが快適に使えると思います。

その方が作業に集中できますから。

Chromebookはシンクライアントではない

よく勘違いされがちですが、Chromebookパソコンはサーバで処理をした結果を画面上に表示させるシンクライアントパソコンではなく、パソコンの中にOSが搭載された単独で動作するパソコンです。

もちろんシンクライアントのように遠隔でサーバ環境をChromebookに表示させることは可能ですが、インターネットに繋がっていない環境でも普通にダウンロードしたアプリを使ったりオフラインデータを表示・編集することが可能。Chrome用アプリもオフラインで使える機能もあります。

なのでインターネット環境によって動作速度が左右されることはありません。

寧ろ、搭載CPUやメモリの性能によって動作速度は変動します。

ASUS Chromebook C423NA

主なスペック

ASUS Chromebook C423NA
OSGoogle Chrome OS
CPUインテル® Celeron® N3350 2C2T
動作クロック:1.10GHz(ブースト時:2.40 GHz)
GPUインテル® HD グラフィックス 500
動作クロック:200MHz(ブースト時:650 MHz)
メモリ4GB(増設・交換不可)
ストレージeMMC32GB(増設・交換不可)
Webカメラ92 万画素Webカメラ
ネットワークIEEE 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer 4.0
インターフェースUSB 3.1 (Type-A/Gen1) x 2
USB 3.0 x 2
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
(マイクは3極端子非対応です)
オーディオステレオスピーカー内蔵、デジタルアレイマイク内蔵
電源ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー
本体寸法幅322.6 mm×奥行き228 mm×高さ16.1 cm
重量約1.25 kg

使用レビュー(YouTube)

開封・設定

使用レビュー

ゲーム検証

荒野行動
バンドリ!ガールズバンドパーティ!

正直AndroidアプリゲームはCPUが足引っ張ってるのかかなり厳しい感じでした。

後、画面タッチできないのが更に辛い。。。

UI・設定画面

覚えておいたほうが良い機能

Phone Hub(スマートフォンに接続)

Phone Hubを使えば、スマートフォンで受け取った通知をChromebookで受信できたり、スマートフォンをChromebookのロック解除に使用、インターネットの共有などが行える便利な機能です。

設定は初回起動時のセットアップ画面または設定>接続済みのデバイスより行えます。

設定ボタンを押した後上記の画面が出ましたら、画面左側のデバイスを選択より同期するデバイスを指定し、同意して続行、パスワードを入力しますと設定できます。

設定画面ではSmart Lockやテザリング、メッセージの受信やPhone Hubの設定などを行うことができます。

ファンクションキー(ショートカットキー)

ChromebookのキーボードにはWindowsやMacと違いファンクションキー(F1~F12)がありません。

また、メディアキーも異なる機能があります。

各ショートカットキーの機能はCTRLALT/キーで確認できるので一度目を通しておきましょう。

ちなみにファンクションキーは検索キーを押しながら1~^キーで使用することができます。

ちなみにファンクションキーは設定画面のデバイス、キーボードの「キーボードの最上段のキーをファンクションキーとして使用する」で割り当てることもできます。

最上段キーをファンクションキーに変更する
機能名ショートカットキー
定番のキーボードショートカット
1~8番目のタブに移動するCTRL1~8キー
CapsLock機能のオンオフを切り替えるALT+検索キー
Googleアシスタントを開く検索Aキー
アドレスバーにフォーカスを移すCTRLLキーまたはALTDキー
ウィンドウを切り替えるALTキーを押したまま、目的のウィンドウが表示されるまでTABキーを押し、表示されたらキーを放す
キーボードショートカットのヘルプを表示するCTRLALT/(スラッシュ)キー
選択した内容をクリップボードにコピーするCTRL+Cキー
クリップボードの内容を貼り付けるCTRLVキー
クリップボードを開く検索Vキー
スクリーンショットを撮影する/録画する録画キー
全画面のスクリーンショットを撮影するCTRL概要モードキー
前のタブに移動するCTRL+SHIFT+TABキー
新しいウィンドウを開くCTRLNキー
新しいタブを開くCTRLTキー
最も長く使われていないウィンドウを開くSHIFT+ALTキーを押したまま、目的のウィンドウが表示されるまで
TABキーを押し、表示されたらキーを放す
検索アドレスバーにフォーカスするCTRL+KまたはEキー
次のタブに移動するCTRLTABキー
現在のページを再読み込みする更新(回転キー)またはCTRLRキー
画面の一部のスクリーンショットを撮影するCTRL+SHIFT+概要モードキー
画面をロック(Androidでいうロック画面を表示)検索Lキー
複数画面モード概要モードキー

概要モードキー:ビデオカメラみたいなアイコンのキー
検索キー:SHIFTキーの上にある虫眼鏡アイコンのキー

入力の設定・ユーザー辞書の登録方法について

設定画面左メニュー「詳細設定」の「言語と入力方法」>入力方法

意外な点・できること

YAMAHA AG03が使える

本来YAMAHA AG03はWindows・Mac・iOSデバイスのみ動作対応ですが、Chromebookでも動作することを確認しています。

ただ、DSPコントローラーなOSに依存するソフトは使えないためコンプレッサーやエフェクトの編集が行えません(ボタンを押せば認識はするものの変更ができない)

ループバック機能は使えるみたいなのでパソコンで流れている曲をマイク音声と合わせて放送に乗せることはできます。

MIDIキーボードが使える

最近はAndroidスマホもMIDIキーボードが使えるものが増えましたがChromebookも使えます。

しかもかなり低遅延なのでリアルタイムで演奏することも可能。

FL Studio Mobileでも問題なく使えました。

安価キャプチャボードが使える

ドライバ不要でウェブカメラとして認識するUVC規格に対応したキャプチャカード・ボードであればChromebookでも動作することを確認しています。

ただ、ChromebookはOBS Studioが使えない(Linux版をインストールしても映像が取り込めない)ため、ライブ配信を行うにはAndroid専用アプリを探すかブラウザでライブ配信ができるサービスを利用するしかありません。

ブラウザで使えるキャプチャカードもあります↓

ペンタブレットが使える

Chromebookでも一部のペンタブレットが使えます。

特にワコムのペンタブレットシリーズ「One by Wacom」は「Works With Chromebook」の基準を満たしており、Chromebookとペンタブレットを接続するだけで使用することが可能。

筆圧検知も問題なく動作します。

困ったこと・厳しいこと

【改善済み】気づいたらSDカードが認識しなくなる

ASUS Chromebook C423NAにはMicroSDカードスロットが搭載されているのですが、暫く使っていると突然SDカードが認識しなくなるといった現象を確認しています。

ファイルエクスプローラーには「SD Card」とは表示されるのですが、保存しているデータがエクスプローラーからもアプリからも一切見れない状態になります。

そうなるとSDカードのマウント(アンマウントしてからカードを刺し直す)をし直さないといけません。

CHECK

幾度かのアップデートでMicroSDカードの認識しない問題が改善されてました

スリープ開始時間が設定できない

ChromebookにはWindowsやMacのようにスリープ時間を設定することができません。

もしスリープ點せたくない場合は、設定>デバイス>電源よりアイドル状態になった時に画面をオフにするかオンのままには設定できますがどうせなら時間設定したいところです。

再起動ができない

特に困ることでも無いのですが、Chromebookでは再起動という電源選択項目はありません。

電源を切るか、ログアウトするかのどちらかです。

スリープにする場合は暫く本体を放置するか画面を閉じることで行なえます。

動画編集は厳しい

C423NAはスペックの割にはそれなりに使えるのですが、インストール型動画編集ソフトに関してはどれも映像がカクついたりして厳しい所。

以前紹介したブラウザで動く動画編集ソフト「FlexClip Video Maker」との相性は中々良かったので、ショートムービー作成用にはChromebookでもいけそうです。

電源を入れ直すと輝度設定がリセットされる

いつも中間より暗めに設定しているのですが、電源を入れ直すと設定が初期化されるので保持できるようにしてほしいです。

RAM4GB、ROM32GBは足りない

Chromebookに採用されているChromeOSはいくらWindowsやMacと比べて軽量とはいえ、基盤で動くのはメモリ食いで激重なChromeブラウザ。

タブを10つくらい開いて拡張機能を5つほど入れるだけでこの有様です。

あれやこれやとマルチタスクするとすぐ動作がもたつくのでせめてRAMは8GBほしい所。

ストレージもAndroidアプリを入れるとなると64GBはほしいですね。

Chromeリモートデスクトップでサクサク快適

ASUS Chromebook C423NAのマシンパワーは正直マルチタスク運用には厳しいので普段私はChromeリモートデスクトップを使って自作のWindowsパソコンの画面をASUS Chromebook C423NAでリモート操作しています。

自宅内であればどこでも操作できるので自由な体制で作業ができます。

自作パソコンはVRにも耐えれるくらいの性能なのでちょっとやそっとじゃ重くなりません。

そんな環境がノートパソコンでも手に入るので別途ハイスペックノートパソコンは不要です。

ただ、若干音がズレるので音を聞きながらの動画編集は厳しい所。

波形みてカット編集、仕上げは後で自作PCでやるって感じであればいけます。

画質も多少劣化は感じるものの思っていた以上に綺麗なのでリモート運用で使っている方が多いです。

総評

先入観で最初はChromebook使い勝手悪いのではないか、安物買いの銭失いにならないか心配していましたが、そんな心配いりませんでした。

搭載しているCPUはデュアルコアCeleron。

Windowsなら思わず投げたくなるくらい動作もっさりする性能・・・仕方ないです。

ただ、Chromebookは我慢しなくてもいいレベルでそれとなく動いてくれてます、不思議。

Windowsとは別物OSなのでWindows系アプリを入れることはできないのですが、Google製のオフィスはMicrosoft Office形式にファイル変換できますし、使い勝手は異なるものの文書作成・プレゼン資料作成はChromebookでも問題ないと思います。

ウェブカメラ・マイクも搭載していますし内蔵マイクは声がクリアに録れ、外部マイクを使わなくても十分使える音質。テレワークなどのビデオ通話にも使えそうです。

私の場合、ブログ執筆やウェブサイトを作成、偶にプログラミングを行ったりするのですが、
全てChromebookで完結できます。

ASUS Chromebook C423NAには14インチフルHD液晶ディスプレイが搭載しており、作業領域も広いので作業しながらYouTube動画を観るといったこともできます。

また、キーボードはUMPCのような独特なキー配列でせせこましい感じではなく、キーの幅にゆとりがありとても入力しやすい。(バックスペースキーの上に電源ボタンがあるので偶に押してしまいシャットダウンしてしまうことがあります;これは微妙!)

後、ファンレスっていうのも物書きする者としてはとてもありがたい。

ノートパソコンの冷却ファンって甲高い音なので静かな所だと結構気になるんですよね。

何度かタイムセールで安くなったりするものの18,800円で売られることはない

4万円くらいだったら購入は躊躇っていたかと思いますが、18,800円だったらお買い得、得した気分です。

ただ、更新ポリシー期間が2024年6月までとなっているのでそれを過ぎるとOSのアップデートが受けられない、使うことはできてもセキュリティ的に大丈夫なのか気になるもの。

これからChromebookを購入検討されている方は更新ポリシー期間が6年または8年の製品を購入されることをおすすめします。

Chromebookをちょっとでも安く買いたい方はC423NAご検討されてはと思います。

ガジェット・デジモノ商品紹介・レビュー
スポンサーリンク
\参考になったらシェアお願いします!/
もしこの記事がお役に立てた場合は
下記「サポート」押して頂くことで今後の記事制作の励みになります
この記事を書いた人
夢野千春

ガジェット全般が好きで、パソコン・スマホ以外にも様々な製品の情報収集や個人的に買ったり検証したりなどしています。

2010年からYouTubeで動画配信をしており、2015年に商品紹介系YouTuberとしてデビュー。2020年2月にStudio-D.E-という名でブログ活動をはじめました。

”ちょうどこの情報欲しかった”

と言ってもらえるようなコンテンツ配信を心がけています。

夢野千春をフォローする
Studio-D.E-

コメント

タイトルとURLをコピーしました