レンタルサーバーなら「ConoHa WING」

AndroidでSwitchやPS4を録画・ライブ配信する最も簡単な方法

ガジェット・デジモノ

SwitchやPS4などテレビゲームをキャプチャできるのはパソコンだけと諦めている方。

実はお手持ちのAndroidスマートフォンでもキャプチャすることができます。

しかもアプリによってはYouTubeやTwitchなどのライブ配信も行えます。

今回は安価なキャプチャカードと「USB Camera」を使って誰でも簡単にテレビゲームをスマホでキャプチャできる方法をご紹介します。

この記事を読むと分かること
  • AndroidデバイスでSwitchやPSなどのゲームキャプチャ方法
  • USB CameraアプリでのYouTubeライブ方法
スポンサーリンク

TVゲームの画面録画に必要なもの

Androidスマートフォンorタブレット(iPhone・iPadは非対応)

Androidのバージョン、USB Cameraのバージョンを上げると
動かなくなる事があるため、
バージョンアップはしないことをオススメします。

特にAndroid11端末に関しては録画した動画の映像・音声がスローになるといった不具合を確認、Pixelシリーズに関してはOSがハングアップする不具合があります。


動作有無関係なく動作保証はしません、ご了承下さい。

ウェブカメラが認識するAndroidスマートフォン(OTG接続が可能なもの)であれば機種・メーカー問いません。

USBはType-Cのものが好ましいですがMicroUSBタイプのデバイスでも低価格帯のキャプチャカードは動作します。

CPUはSnapdragon700番台以上であればキャプチャできると思いますが、スペックは良いのに越したことはありません。

動作確認済みAndroidスマートフォン・タブレット

【スマートフォン】

  • Redmi Note 9S(6GBモデル)・・・Android10で確認
  • LG V20 Pro・・・Android8で確認
  • Alcatel Idol4・・・Android6で確認
  • Rakuten Mini・・・Android9で確認
  • Rakuten Hand・・・Android10で確認
  • 【報告】OPPO A5 2020(OTG有効にする必要あり)
  • 【報告】Xperia XZ1
  • 【報告】NEXUS5


【タブレット】
Lenovo YOGA Smart Tab10

推奨しないAndroidスマートフォン・タブレット

【スマートフォン】

  • 【報告】Galaxy S10+・・・映像がカクつく、音がスローになるとの報告あり。
  • AQUOS Serie SHL25・・・古い端末のため画質を下げないとキャプチャが安定しない。
  • 【報告】Huawei nova lite 3・・・USB Cameraが動作しない
  • UMIDIGI A7S・・・灰色の映像ノイズが入る(ビデオフォーマットをMJG720x480にすれば映像は改善されるが音声ノイズは改善されない)
  • Google Pixel 4a・・・OSアップデートによりキャプチャカード接続後OSが再起動する不具合で使用不可
  • 【報告】Xperia 5 II(Android11)・・・マイクを使用すると動画&音声がスローになる
  • OPPO Reno3 A(Android11)・・・マイクを使用すると動画&音声がスローになる
  • Redmi Note 10 Pro(Android11)・・・マイクを使用すると動画&音声がスローになる


【タブレット】
◎Dragon Touch K10・・・何も映らない

【報告】・・・キャプチャカード利用者からの動作報告


常時検証しているわけではないため動作しなくなっているスマホもあるかもしれません。
あくまでも参考程度にお願いします。

ビデオキャプチャカード+USB変換アダプタ

最近Amazonなどで急に出回りだした安価なビデオキャプチャカード。

大体1,000円~3,000円くらいで売っており最大1080p出力に対応しているのが魅力。

ただし、1080pだとフレームレートが30fpsまでのものが多いため、720pでキャプチャすることをオススメします。

後、スマートフォンに接続するためのUSB変換アダプタを用意する必要があります。

今のスマホはUSB端子がType-Cとなっているので、USB3-AからCへ変換するアダプタを用意しましょう。

キャプチャカードによっては変換アダプタが付属している場合もあります。

ちなみにこのビデオキャプチャの音声は1チャネル16ビット、96000Hzとモノラル音声みたいで、ステレオのような臨場感はなく音質もまずまずな感じです。

HDMIケーブル

ゲーム機とキャプチャカードを繋ぐ為に必要です。

ゲーム機

Amazon | Nintendo Switch 本体 (ニンテンドースイッチ) 【Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R)  ネオンレッド】(キャンペーンプリペイド番号なし) | ゲーム機本体
Amazon | PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 2TB (CUH-7200CB01)【メーカー生産終了】 | ゲーム機本体

コピーガードが掛かってないHDMI出力可能なゲーム機を用意しましょう。

ニンテンドースイッチは無印とLite版がありますが、Lite版は映像出力機能が搭載していませんのでドックがついた無印Switchを用意ください。
(付属のドックを使用して映像を出力します)

また、この記事で紹介している内容はPS4 Proでも動作確認済みです。

USB Cameraアプリ

他にもCameraFiやWEBカメラアプリを試しましたが、キャプチャカードが認識しなかったりなぜかスマホが再起動して不安定だったり問題ばかりのものが多く、唯一キャプチャカードがまともに使えるのは今の所このUSB Camera一つだけ。

セッティングしてみる

1.スマホにUSB Cameraをインストールする

USB Camera - Connect EasyCap or USB WebCam

USB Camera – Connect EasyCap or USB WebCam

沈垚 / ShenYao China無料posted withアプリーチ

USB Camera Pro - Connect EasyCap or USB WebCam

USB Camera Pro – Connect EasyCap or USB WebCam

沈垚 / ShenYao China¥600posted withアプリーチ

USB Cameraには無料版と有料版が存在します。

有料版には画面上に広告が表示されなくなるほか、「ピクチャインピクチャ」のサポート、「ビデオをロック画面に表示」や「接続後に自動記録」などの追加機能があります。

まずは無料版で動作確認し、気に入ったら有料版を買うことをオススメします。

2.HDMIケーブルをビデオキャプチャカードに接続

ニンテンドースイッチをドックに装着し、ドックとビデオキャプチャカードをHDMIケーブルで接続します。

USB側をスマートフォンに接続します。

3.USB Cameraに権限を許可する

初回起動時に権限の許可を求めてくるので、全て許可してください。

「このUSBデバイスにデフォルトで使用します」のチェックの有無はどちらでも構いませんが、別アプリでもキャプチャカードを使用する場合はチェック入れると切り替えが面倒だったりします。
(この設定は後で外すこともできます)

4.ゲーム機をHDMIケーブルで繋ぐ

後は、ゲーム機をHDMIケーブルで繋ぐとスマホ画面にテレビゲームの映像が映ります。

USB Cameraでできること

全画面表示

プレビュー画面(映像が映っている所)をタップすると全画面、通常画面と切り替えることができます。

録画ボタン

右下の赤い丸ボタンを押せばメニューが開き、IP Camera Server(ネットワークカメラモード)、Record(録画)、Snapshot(静止画撮影)を行うことができます。

なお、録画した映像は音声付きで収録されます。
(音声収録は接続機器の環境によりますがビデオキャプチャカードの場合はHDMI経由での音声が収録されます)

ゲーム実況されている方は別途ボイスレコーダーなどを用意して編集で合成するか、マイク端子付きのビデオキャプチャを使うことで実況動画も録ることができます。

Motion Detection(モーション検知)

After turning on Motion Detection, USB Camera will auto record video and store when motion is detected, you can also watch them from Web. Video recording will auto stop when motion could not be detected within 15 second. Please make sure your device has enough space to store video and place the device in a stable place before start.

【日本語訳】
モーション検知をオンにすると、USBカメラは動画を自動録画し、モーションが検知されると保存します。Webからも視聴できます。 15秒以内に動きを検出できなかった場合、ビデオ録画は自動的に停止します。開始する前に、デバイスにビデオを保存するのに十分なスペースがあることを確認し、デバイスを安定した場所に置いてください。

監視カメラみたいなことをする時に使える機能です。

ゲーム録画用として使用する場合は使用することはないでしょう。

ADJUST(色調補正)

映像の色調補正などを行うことができます。

DEVICES(デバイス情報)

使用しているデバイス名が表示されます。

各種設定

縦に3つ並んだ丸ボタンを押すと画面解像度の切り替えや回転、詳細設定を行うことができます。

キャプチャカードの接続を解除する時に使います。
これをせずにキャプチャカードを外しても問題ない場合が多いのですが、
たまに再度接続ができなくなることもあるので、
外す時はSafely Ejectを押してから行うことをオススメします。

詳細設定を行うことができます。
設定画面の各機能については項目が多いため別のページで紹介しています。

映像の解像度を変更することができます。
(最大30fpsまでのようですが720pの場合、何故か60fpsで録画されました)

オーディオを選択することができます。
(変更する項目が無ければ特に操作する必要はありません)

映像を水平方向に反転します。

映像を垂直方向に反転します。

接続デバイスの情報を表示します。

USB Cameraをバックグラウンドで起動します

USB CameraをPIP表示します

試しに録画してみた

USB Cameraとキャプチャカードで試しに録画してみました。

使用しているスマートフォンはRedmi Note 9S 6GBモデル。

動画ではSettingsのCustom MP4 Bitrateを有効にしBitrateを18Mbpsに設定しています。

1080p30fps / 18Mbpsで録画

使用しているキャプチャカードが1080pの場合30fpsまでとなっているため、高解像度ではあるもののフレーム抜けによりややカクつきのある感じになっています。

720p60fps / 18Mbpsで録画

1080pよりも解像感に欠けますが、使用しているキャプチャカードは720pの場合は60fps出力に対応しているため、滑らかな映像を録画することができます。

ただ、ちょいちょい音が飛ぶのが気になる所。
Custom MP4 Bitrateを無効にした状態だと音飛びしないので、スマホの処理が追いついていないだけかもしれません。

遅延具合は?

こういうキャプチャカードは遅延が気になる人もいると思いますが、パソコンで使っているよりも圧倒的に低遅延でほとんど気にならないレベルです。

スプラトゥーン2をスマホ画面で見ながらプレイしてみましたが、バトルに影響が出るほどではないかと思います。

ただ、僅かな遅延が気になる人もいるかもしれませんので、その場合はスプリッターと呼ばれる映像分配器と、ゲームプレイ用モニターを用意することをおすすめします。

私が5年使っているHDMIスプリッターです(2021年8月10日追記:先日突然壊れました)
(最近は品質が悪くなっているようで評判よくないですが・・・。)

RTMP設定でパソコン無しでYouTubeライブ配信が可能

USB CameraのRTMP設定をすればパソコンや別途追加機材不要でスマホだけでニンテンドースイッチやその他HDMIに接続している機器の映像をYouTubeライブ配信することができます。
(RTMP対応ライブ配信サービスであればYouTube以外でも配信可能)

また、スマホ側にマイクを繋げることで実況音声も重ねることができます。
(ただし音量調整はできないのでご注意を)

ゲームの音を聞きつつ実況音声を重ねる場合はマイク付きイヤホンを使うことをおすすめします。

USB CameraでYouTubeライブ配信を行う方法

1.YouTube Studioのライブ配信画面(エンコーダ配信)に記載されているストリームキーとRTMPをメモする

コメントやライブ配信状況を確認するためYouTube Studioの画面はパソコンやタブレットで見ることを推奨しますが、RTMPの設定だけであればスマホ版Google ChromeからPCモードでYouTube Studioのライブ配信画面を表示することができます。

2.YouTubeライブのRTMP情報をUSB Cameraに登録する

3.IPカメラサーバーモードでライブを開始する

ライブ配信を開始するには画面右下の赤ボタンを押した後、「IP Camera Server」を押し「RTMP Push」を押すと配信が始まります。

逆に終了する時は「IP Camera Server」を終了し暫く待てばYouTubeライブが終了します。

何時間経っても配信が終わらない場合はYouTube側で配信を終了してください。

ChromeのPC版表示機能を使えば、スマートフォンでもYouTube Studio ライブ配信画面を開くこともできます。

気軽にゲーム配信が楽しめる

今までテレビゲームのキャプチャはパソコンしか行えないと思っていましたが、UVC規格のビデオキャプチャカードを使えば、スマホでもテレビゲームのキャプチャが行えることに驚きました。

しかも、ハイスペックなスマホでなくても3万以下で買えるミドルスペックスマホで、キャプチャカードやUSB Cameraなどのアプリを使えば十分にキャプチャすることができるので、お金もあまり掛からず、ゲーム実況の敷居が低くなったのではないでしょうか。

もし、皆さんの中で「パソコンはないけどテレビゲームのプレイ動画を録りたい」という方は、Androidスマートフォンとゲームキャプチャカードでチャレンジしてみてください。

コメント

  1. ななし より:

    これってスイッチをドックに着けた状態でもできますか?

  2. 夢野千春 夢野千春 より:

    キャプチャカードを使う時はニンテンドースイッチをTVモードにしないといけないため、
    ニンテンドースイッチ(LITEではない方)付属のドックが必要です。

    その辺り記事に書いていなかったため修正しました。

  3. CANDY より:

    録画はできたんですけど何故かその動画は1秒しか録画できていませんでした。どうすれば普通に録画できますか教えてください。

タイトルとURLをコピーしました