Rakuten Casa、解約・返却手続きの流れ

ガジェット・デジモノ
この記事は約3分で読めます。

最近どんどんエリアを広めていくRakuten UN-LIMIT。
私は神戸に住んでいるのですが、
神戸って去年は楽天回線が殆ど入らなくて、
基本パートナー回線で接続していたんですよね。

今年入ってもまだパートナー回線エリアが多く、
月5GBを超えると1Mbpsの速度制限に掛かってしまう為、
満足してUN-LIMITを使うことができませんでした。

家だけは何とか高速回線をと導入したのが
小型4G基地局の「Rakuten Casa」。

光回線やケーブル回線が必要なものの、
これがあれば楽天エリア外でも家の中で楽天回線が利用することが可能。

事務手数料は3千円ほど掛かりましたが、
ポイントバックで全額返ってきましたし月額費用などは掛からないので
気軽に導入することができます。

Rakuten Casaはレンタル品なので物理破損や紛失・売却・譲渡はNG
返却できない・破損箇所があるなど問題があれば違約金が発生しますのでご注意を

違約金に関して詳細は「Rakuten Casa 重要事項説明書」に記載されています。

Wi-FiだとRakuten Linkの音質が悪い・不安定などの問題を解消することが出来ます。

【続く】楽天カーサ、まさかの不良品?LTEがオレンジ点滅で使えません!

ただ、メリットはそれくらいで、
家の外では殆どRakuten Casaの電波は掴まないし、電気代は掛かるし(1ヶ月200円ほど)で
デメリットのほうが多い。後、意外と大きくて設置場所に困りました。

更に今年2021年4月から神戸も楽天回線提供エリアが大幅に増え、
私が住んでいる所も家の中にまで楽天回線が使えるくらい電波が飛ぶように。

画像

家の中でもこれだけ速度でるなら、
Rakuten Casa要らないかな。

ということで、
Rakuten Casaを解約することにしました。

Rakuten Casaの解約する

Rakuten Casa(楽天カーサ) | 通信・エリア | 楽天モバイル
屋内に楽天回線を構築し、通信環境の改善にご利用いただける小さな4G基地局「Rakuten Casa(楽天カーサ)」についてご案内します。

まずはRakuten Casaページ下部にあるお問い合わせ窓口欄の
コミュニケーションセンターに電話します。

色々ガイダンスが流れるのですが、
取り敢えずRakuten Casaのアドバイザーに繋ぎました。

後は、アドバイザーにRakuten Casa解約希望の旨を伝えるだけ。
解約する理由も聞かれましたが「Rakuten Casaが無くても楽天回線が使えるから」と伝えました。

その後、返却の流れを説明してくれます。

Rakuten Casaを返却する

アドバイザーに解約希望の旨を伝えた後、
My楽天モバイルアプリには申込み番号が表示されます。

そして2,3日後にヤマト運輸から返却ボックスが送られてきます。
2週間の返却期間がありますが忘れそうなのですぐ返却の準備に取り掛かりました。

返却ボックスの中にはクッション材と返却用の発送伝票(着払い)が入っていました。

返却に必要なものは、Rakuten Casaの化粧箱・クイックスタートガイド類・LANケーブル・ACアダプター・Rakuten Casa本体です。

要するに楽天モバイルが送ってきたもの全部という感じなので、
Rakuten Casa導入検討されている方、現在利用されている方は
付属品を失くさないように保管しておきましょう。

Rakuten Casa本体、付属品を化粧箱に入れたら返却ボックスに入れます。
下には私が用意したクッション材を敷いているので、
上に入っていたクッション材を置いて封しました。

後は、発送伝票を貼り付け、ヤマト運輸に集荷依頼するだけです。

解約手続きから返却までとてもスムーズでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました