【アイリスオーヤマ】電気ケトルレビュー。約3千円と安いがこれで十分(IKEB800W)

ガジェット・デジモノ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ちょっとした休憩や作業中、
喉が乾いた時に自分の部屋でも気軽に温かい飲み物が飲めたらなぁ。

保温機能や温度調節ができるようなハイテクなやつじゃなくてもいい。

兎に角サッとお湯が沸かせるやつがほしい

+安いやつ

ということで今回もAmazonで色々探してみた所、
日本メーカー製で激安でよさそうな電気ケトルを見つけたのでご紹介します。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ 電気ケトル(IKEB800W)

電気ケトルって今結構安く販売されていて、
大体1,000~4,000円くらいがベーシックタイプ、5,000円以上になると保温機能がついてたりします。

IKEB800Wは空焚き防止・沸騰後自動OFFと基本的な安全装置が付いてるだけで、
普通の電気ケトルです。

外観

化粧箱というか商品箱は特にデザイン性のない茶箱。
日本メーカーならではのイメージと文字が大きくて読みやすいマニュアルもついてます。

普段は読む必要は無いと思いますが、
クエン酸洗浄などお手入れ方法について書かれているので、
その時のためには保管しておいた方がいいでしょう。

フィルターは外してお手入れ可能

外観はお洒落って感じではないのですが、
注ぎ口が尖ったタイプは結構場所を取りますし口のお手入れが面倒くさいので
こういうこじんまりとしたデザインが丁度良いです。

水位確認窓も付いているので、
ふたを閉めていても、水がどれくらい入っているのか沸騰具合を確認することができます。

転倒防止機構は付いていないので、
小さなお子さんやペットがいる場所では使わないほうがいいでしょう。

ただ、本体は樹脂っぽい素材なので、
お湯が入っていない状態で落下した場合は大惨事にはならないかと。

最近オシャレ意識で出だしたガラスタイプのケトルは危険極まりないのでオススメしません。

注ぎ口にあるフィルターはホコリ侵入防止用というよりかは
蒸気量を調節する働きがメインでしょうか。
ずっと付けたままですと汚れてくるので、数回使ったら取り外して水洗いしています。

底の金属部分に何かで擦った傷がある

内部底の金属板にやや傷があったのですが、
値段が値段だしなぁと思い気にせずに使ってます。

下部には電源レバーがあり下に押し込むとONになりLEDがオレンジで点灯します。
お湯が沸くと自動的にレバーが上がり電源が切れる仕組みです。

電源プレートは特に何もありませんが、
ケーブルを収納できるコードホルダーがあります。

沸騰時間

カップ1杯分だと1分で沸くとのことですが、
一度に2~3杯は飲む(お湯を)ので500mlだとどうなのか測ってみました。

500mlだと沸騰し電源が切れるまで大体3分ちょい掛かります。
これが早いのか遅いのかはよく分かりませんが、
お湯を沸かしている間に作業したりくつろいだりできるので
個人的にはこんなもんかなと思っています。

沸騰時間を短縮したい人は、
ワット数が高く熱伝導率の高いケトルを購入されることをおすすめします。

ニオイは?

お湯が不味く感じるかは個人差あると思いますが、
樹脂素材特有のニオイはあります。
(人体には影響が無いとのこと)

水漏れは?

安価な電気ケトルだと暫く使っていると水漏れするものもあるそうで少し心配していましたが、
2週間ほど使っていて、今の所、水が漏れるといったことはありません。

ただ、結構本体全体の温度が高くなるので変形しないか心配です。
(沸騰後でも持ち手は熱くならないのでご安心を)

蓋が使いにくい?

画像

ふたが独立するタイプなので水を入れる時にどこかに置く手間はありますが、
本体にふたがくっついたままのタイプですと、
水が注ぎにくかったりお手入れしにくかったりするので
個人的には独立タイプで良いと思います。

外しにくいとかも特にはありませんが、
持ち方次第ではふたが手から飛んでしまう可能性はあるかもしれません。

総評

探せばもっと安いものはあっただろうし、同価格帯で性能が良いものもあったかもしれませんが、
お湯を沸かすだけであればIKEB800Wでも十分だと感じています。

気になる所は耐久性ですが、
Amazonレビューを見ても今の所故障したといった書き込みがないのでなんとも言えませんが、
せめて3年は耐えて欲しい所ですね。

安全装置は必要最低限なので小さいお子さんやペットがいるご家庭ではあまりおすすめできませんが、
学生や社会人の方で一人暮らしをされており手頃なケトルを探されている方は
IKEB800W、ご検討されては如何でしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました