YouTubeショート、うまく活用すればバズるかも?

ノウハウ・ハウツー
この記事は約2分で読めます。

最近若者の間で流行っているショートムービー。
これを真っ先に取り入れたのがTikTokなんですが、
今では様々な動画共有サービスやSNSで
ショートムービーが投稿できるようになりました。

そんなショートムービー、
実はYouTubeでも「YouTubeショート」という形で用意されています。

YouTubeショートとは

YouTube ショートとは? YouTube shorts の使い方や動画の投稿を解説 - QUATRE(キャトル)の庭

YouTubeショートは、誰でも作成できる動画フォーマット。
新しい視聴者に出会えるチャンス。

チャンネル登録者数が1万以下でも利用できる

チャンネル登録者数1万人以上が利用できるストーリーとは異なり、
YouTubeショートは登録者数1万人以下でも利用することができます。

ショートムービー作成機能はまだ日本では使えない

ショートムービー作成機能は現在インドでのみ使用可能、日本ではまだ使えません。

日本でもショートムービーの投稿は可能

現在はショートムービー作成機能を使うことはできませんが、投稿することは可能です。

ショートムービーはどのデバイスからも投稿可能

YouTubeショート向けに作成した動画であれば
スマートフォン・パソコンどのデバイスからも投稿が可能です。

反映条件

YouTubeショートは最大60秒で縦向き動画をアップロードし、
動画のタイトルや説明に「#Shorts」を含めれば、
ショート動画がおすすめに選ばれるようになるようです。

YouTubeショートは収益化できない?

YouTubeショートセクションやショートプレーヤーで再生された場合は収益は発生しません。
また、YouTube Premiumのサブスクリプション収入も発生しないようです。

ただ、全く収益が無いわけではなく、
通常の動画プレーヤーから再生された場合は広告が表示され収益が発生します。
微々たるものですが。

うまく行けば再生数が急上昇するかも

YouTubeショート向けに投稿された動画は、
必ずしも再生数が急上昇するわけではありませんが、
多くの人に注目されるようAIが調整してくれるので、
通常の動画と比べ、再生数が急激に増える傾向があります。

YouTubeを初めたばかりで再生数が伸び悩んでいる方は、
チャンネルの紹介動画や注目してほしい動画などは、
YouTubeショート向けに投稿することをオススメします。

うまく活用すればバズるかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました