ヤフオクで2010年モデルのiMacとMacBookAirを今更購入、2021年でも使える?

ガジェット・デジモノ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

YouTubeではずっとMac買う買う言ってきて買わなかった私。
憧れますよね、Mac。

でも中々財力と価格が合わなくて買えず・・・。

別に最新のじゃなくてもとりあえずMac買っとけばいいのでは?

こんな時に役立つのが「ヤフオク

ちょっと物色してみたところ、2010年モデルのiMacとMacBookAirを落札することができました。
iMacは送料入れて9千円ほど、MacBookAirは7千円というところでしょうか。

2台合わせても2万以下という・・・
何とも良い時代になりましたね。

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、夢野千春です。
YouTubeで商品レビューしています。お問い合わせはこちら

スポンサーリンク

MacBook Air (11-inch, Late 2010) A1370

画像

念願のMacBookAir(MBA)です。
2010年モデルでしかもCore2DuoのCPUが乗っかったスペックの低いタイプ。
メモリも2GBしかないため(交換も不可)今となっては結構厳しめの端末です。

画像
画像
画像

なぜかMac OS XユーティリティでLionがネット経由でインストールできなかったので、iMacのターミナル上でコマンドを打ち込み、外付けSSDにHigh Sierraの起動ディスクイメージをインストール。SSDをMBAに接続しOptionキーを押しながら電源ボタンを押すとストレージ選択画面が表示されるのでSSDを選択し画面の指示に従うだけ。
これで無事起動しました。
iMac持ってなかったらやばかったかもw

GPUにNVIDIA GeForce 320M 256 MBが搭載されているのですが、
YouTubeでフルHDの動画を再生しようとしてもカクついてて微妙。
(ディスプレイが11.6インチ(1366 x 768)なのでフルHD動画再生しても意味ない気がしますが)

ただ、厳しいと言いましても文書作成用マシンとしてはまだまだ使えそうな感じ。
実は今回のブログ記事、このMBAで執筆しているんですよ。

やや漢字変換に時間がかかる時はありますが、
安定している時はWordPress上でもほとんど遅延なく入力できています。

画像
本体はとにかく薄いがアルミボディなので意外としっかりしている。
画像
14インチパソコンとの比較、小さい。

何よりこのデザインがいいですよね、薄いし11インチで小型だし。
重さは約1.08Kgほどありますがそんなに重さは感じません。
かばんの中にすっぽり収まるので持ち運びもOK。
後、ファンがものすごく静かなので音が気にならず集中できます。

試しに2011年13インチMacBookAir(第2世代Intel Core i5搭載)のものを買ってみましたが、
こっちは何もしてなくても発熱が酷くファンも物凄くうるさいので使う気しませんでした。

欠点なのが充電がUSB-CではなくMagSafeというところでしょうか。
バッテリーが劣化して2時間程度しかもたないため、
モバイルバッテリーで給電しながらの運用はできません。

でも、今のMBAにはないUSB-Aポートが左右1つずつあるのは魅力。
なぜ今のMBAはType-Cしか載せないんでしょうか?使いにくいと思うのですが。

画像

キーボードはゆとりあるキーピッチでキーストロークも深く入力しやすい。
Windowsに慣れているとCTRLキーとcommandキーがごっちゃになることがありますが、
そこはシステム環境設定>キーボード>修飾キーで変更することができるので問題なし。
私はCaps Lockキーをcommandキーとして割り当てています。

多くを望まなければまだまだ現役で使っていけそうです。

iMac(21.5-inch Mid 2010) MC508J/A

画像

CPUにCore i3-540 3.06GHz、RAM12GB、HDD500GBが乗っかったiMacです。
汚れが少なく非常に状態が良い。動作も割とキビキビ動く印象です。

ただ、GPUがRadeon HD4670 256MBと古く、フルHD60fpsの動画再生は可能ですが4Kは厳しめ。
動画編集もDaVinciResolveが動きませんでした・・・。(起動しない)

画像

iMovieはフルHD30fps素材ならまぁまぁ編集できますが、
書き出しに尺の倍以上掛かるのが気になるところ。

ゲームも最新の3Dものはスペック不足で遊べません。

ポート類が揃ってるのは魅力ですね。
先日登場したカラフルなiMacはデザインは良いもののTyppe-Cポートしかなく拡張性が皆無。

なぜAppleさんは端子を減らしていくんだろう?最終的には端子ゼロを目指しているんだろうか?使いにくそうです。

MBAと比べると無難に動いてくれてるのであまり言うことはないのですが、
気になるところは対応OSがHigh Sierraまでとなっており、
最新OSに対応しておらずAppStore経由でアプリがあまり追加できないことでしょうか。

その場合は、Windows同様にネット上にあるアプリをダウンロードして使えばいい話ですし、Google Chromeなどまだまだアップデートしてくれるアプリも結構あるのでさほど気にしていませんが、Apple純正アプリが一部使えなかったりするので(Xcodeとか)不便に感じる人もいるかもしれません。

とりあえず、ネットサーフィンや音楽、動画視聴用かな。

買ってみた結果

iMacはもうこれでいいかなと思っているのですが、
MBAに関してはもっと性能の良いモデルが欲しくなりました。

デザイン、サイズは買ったモデルと同じで問題ない。
ただ、もうちょっとキビキビ動いてほしい、そんな気持ち。

やはりCore i5程度のCPUが乗っかってないと厳しいかもしれません。
メモリはWindowsと違い2GBでもそれとなく動くので4GBでも大丈夫そう。

貯金しっかりして最新版買ったほうがコスト面や精神的に優しいかもしれませんが、
勉強と同じでいきなり難問に挑むよりまずは基礎から。

まずは中古Macで学び、貯金できた頃に最新Macを買ってみようと思います。
貯金できたらですが。

次はCore i5が搭載された2012~2015辺りのMBAを狙ってみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました