2021年4月の #AppleEvent で発表された製品まとめ

ニュース・トレンド
この記事は約6分で読めます。

2021年4月21年にAppleは5製品を発表。
選ぶとしたらどれでしょう?

iMac

24インチiMac
新しいiMac。7つのポップなあざやかなカラー。信じられないほど薄いデザイン。24インチの4.5K Retinaディスプレイ。Mac史上最高のカメラ、マイク、スピーカー。M1の驚異的なパワー、内蔵。

新型iMacはデザインが大幅に変わりM1チップ搭載することでスリムに、厚さ11.5mmです。

24インチ4.5KのRetinaディスプレイが搭載されておりながら
重量は2ポートモデルは4.46Kg、4ポートモデルは4.48Kgと軽量になりました。

外に持って・・・とはいきませんが、
ちょっとしたスペースに置けそうです。

カラーは
2ポートモデルはブルー、グリーン、ピンク、シルバーの4色
4ポートモデルはブルー、グリーン、ピンク、シルバー、イエロー、オレンジ、パープルの7色展開。

6スピーカーサウンドシステム

2組のウーファー(恐らく片方はパッシブラジエータースピーカー)と1つのツイーターを左右に配置。
Dolby ATMOSと組み合わせることにより立体音響にも対応しています。

ケーブルは磁石で

電源コネクタ部は磁石で脱着が可能。
万が一ケーブルが足に引っかかっても簡単に外れ本体に致命的ダメージを防げるかもしれませんが、
それは引っかかった角度によって変わるので・・・どうなんだろう。

付属品もiMacカラー

キーボードやマウスなど付属品はiMacと同じカラー。
マウスの代わりにトラックパッドも選択可能です。

新しいMagic KeyboardはSpotlight、音声入力、おやすみモード、絵文字キーを搭載。
Touch IDも新たに加わりiMacでもロック解除やApple Pay決済もMagic Keyboardで行うことができます、これは便利。

下位モデルはUSBポートと有線LANが省かれている

あ、下位モデルはTouch ID非搭載Magic Keyboardで
USB3ポート有線LANもついてないんですね、気をつけないと。

ただ、ネットに関してはWi-Fi6(11ax)のワイヤレスネットワークに対応しているので、
有線LANは必要かというと無くていいかも?

価格

2ポートモデルは154,800円、4ポートモデルは177,800円と199,800円。
注文は4月30日からで5月後半に発売。

VESAマウントアダプタ搭載モデルも

スタンドを取り除きVESAマウントを搭載したモデルもあります。
値段はスタンドありと同じ。

iPad Pro

M1チップをiPad Proにも搭載。
据え置き型パソコン、ノートパソコン、タブレットとほんと万能なチップですね。

M1チップ搭載したことで8コアCPUは最大50%、8コアGPUは最大40%
パフォーマンスが向上しています。

iPad Air4で採用されたトップボタンTouch IDは・・・無さそうですね。

12.9インチモデルはミニLEDバックライト搭載

12.9インチモデルはミニLEDバックライト搭載のLiquid Retina XDRディスプレイ。
フルスクリーン最大輝度は1,000ニト、
画面の一部を発光させた時の最大の明るさを表すピーク輝度は1,600ニト(HDR)。
コントラスト比は1,000,000:1なんですが、比率が大きいほど明暗の鮮明さを表します。

尚、11インチモデルはLEDバックライトLiquid Retinaディスプレイ。

LEDバックライト型とミニLEDバックライト型の違いがイマイチ分かりにくいのですが、

LEDバックライト型は、
いわゆる液晶ディスプレイといわれているもので、
カラーフィルターに光を通しフィルター光量を調整することで色を表現しているのに対し、

ミニLEDバックライト型は、
LEDバックライトの数が非常に多くLEDそのものの光量調節することで、
有機ELのような深みのある黒と液晶ディスプレイのような明るい白を表現することができ、
高いコントラスト比を可能にしています。後、画面が焼き付きにくいのも特徴です。
コストが高くなりがちなのがデメリット。

カメラ

インカメラはTrueDepthカメラを搭載。
センターフレームに対応した122度超広角カメラ。

ビデオ通話時はセンターフレーム機能で被写体を追従、
他の人が出入りしても自動的に映像を拡大縮小します。

アウトカメラは12MPの広角カメラ、10MPの超広角カメラの2眼。

LiDARもM1チップでよりスムーズにより高性能になっていることに期待したい所。

5G対応でWi-Fi6のワイヤレスネットワーク

Cellularモデルは5Gに対応。グローバルモデルはミリ波対応ですが日本モデルは非対応。
Wi-Fiは11axに対応。

Thunderbolt

Thunderbolt/USB4ポートを搭載することにより、
最大40Gbpsの転送速度、6Kの映像出力にも対応しています。

価格

11インチモデルは94,800円〜、12.9インチは129,800円〜。
注文は4月30日からで5月後半に発売。

iPhone 12 パープル

iPhone 12とiPhone 12 mini
iPhone 12とiPhone 12 mini、新登場。その魅力は、5Gの速さ、A14 Bionic、Super Retina XDRディスプレイ、Ceramic Shield、すべてのカメラで使えるナイトモード。

iPhone12、iPhone12 miniにパープルカラーが加わりました。

AirTag

AirTag
あなたの鍵やリュックなど、毎日よく使う物にAirTagを取りつけると、「探す」アプリで簡単に探し出せます。

しょっちゅう物をどこに置いたか忘れる私にとって一番必要かも。

Appleから忘れ物防止タグであるAirTagが登場。

「探す」機能でBluetooth信号を送信、AirTagが受信することによりAirTagの位置情報をiCloudに送信することによりマップ上にAirTagを確認することができます。

超広帯域無線(UWB)機能が搭載しているiPhone 11シリーズ、iPhone12シリーズであればより正確な場所を見つけることができます。

価格

1パックは3,800円、4パックは1パック価格よりお得な12,800円。
日本時間4月23日午後9時から注文可能。

画像

表面には何も印字されてないようなので刻印サービスはぜひ利用したい所。

画像

エルメスキーリングはミドルスマホが買えるくらいお高め。
便利なのかどうかは置いておいて
こういうの気軽に買えるくらい成金になってみたいものですね。

Apple TV 4K

Apple TV 4K
Apple TV+、映画、番組を4K HDRで楽しむ。Apple Arcadeのゲームをプレイする。ほかにもできることがたくさん。

A12 Bionicを搭載することで4KハイフレームレートHDR映像に対応。
スポーツ番組など素早い動きでも高精細映像を楽しむことができます。

PlayStationやXboxのワイヤレスコントローラーも使用できます。
映像だけでなく、ゲームも楽しめそう。

Siri Remote

Siri Remoteは回転上下左右のジェスチャー操作に対応。側面にSiriボタンを配置することで、
素早く音声操作することができます。

音も映像もドルビー

映像はDolby VISION、音声はDolby ATOMSに対応。
鮮やかな映像と臨場感あるサウンド効果が期待できます。

ただ・・・それ相応のテレビとスピーカーが必要ですが。

カラーバランスもiPhoneで楽ちん

カラーバランスに専用機械は不要。
iPhoneの前面カメラをテレビに向けることでカラーバランスを調整することができます。

価格

32GBは21,800、64GBは23,800円。
2,000円差だったら64GBの方がお得に感じますが、
ゲームやアプリをあまり入れないのであれば32GBでいいかも。

Source:https://www.apple.com/jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました