【ドコモ】新料金プラン「ahamo(アハモ)」登場で2021年は更に携帯業界が大きく変わるかも

ガジェット・デジモノ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2020年は楽天モバイルの通信サービス「Rakuten UN-LIMIT」を始め、
各通信会社もこぞって新料金プランを発表するなど携帯業界の価値観が大きく変わった中、
NTTドコモは12月3日に新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。

今回はahamoについてチェックしていきます。

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、夢野千春です。YouTubeで商品レビューをやっています。お問い合わせはこちら

スポンサーリンク

ahamo(アハモ)

データ通信量20GBで2,980円、超過後も1Mbpsで利用可能

シンプル・イズ・ザ・ベスト。
ahamoは従来のドコモ料金プランと比べて至ってシンプル。
プランが1つしかありません。

月2,980円(税別)でデータ通信量は20GB、国内通話は5分まで無料。
4G/5Gどちらにも対応しており、ドコモならではの高品質で安定した回線が期待できるなど
十分に使えそうな印象です。

また、ドコモのユーザーはMNPの手続きをせずにahamoに変更が可能。
2021年5月までは、システム対応の問題でMNPと同様の手続きが必要ですが、
その際の手数料や解約金などは発生しないとのことです。

あと、2年定期契約や解約金など契約の縛りがないところも嬉しいことではないでしょうか。

夢野千春
夢野千春

ドコモさん、ahamo安くて魅力的だけど・・・
こんなサービスやっちゃって大丈夫?潰れない?

安価な分、サービス的に劣っているところも

回線品質をそのままで20GBも使えて5Gまで対応。
通常料金より圧倒的な低価格のサービスを続けていくとなると何かを削らないといけません。

ahamoは大容量で低価格な回線を提供するために
次の所が従来の料金プランより劣っております。

ahamoのデメリット
  • ドコモのキャリアメールが使えない。
  • サポート対応や申し込みがオンラインだけ。
  • 家族割など各割引との併用ができない。
  • 家族内通話無料対象外。
  • 契約できるのは20歳以上。
    ただし、親権者が契約すれば20歳未満も利用者登録することは可能

ドコモユーザーにとってはどれもマイナスでしかありません。
特にキャリアメールが使えないのは大きな痛手ではないでしょうか。
割引も併用できないため家族の誰かがahamoにすると旨味が無くなります。

こういった所でドコモユーザはahamoに切り替えにくいと考えられますが、
今まで格安SIMを使ってきた人からすると魅力的なサービスだと思います。

夢野千春
夢野千春

ターゲット層を若者に絞り、
新たな顧客を獲得するため・・・

確かに今までは高齢化が進み若年層にはうまくフォーカスが合ってない感じでしたからね。

まぁ政府が安くしろーと要求したのもあるとは思いますが。。。

ちなみに既存の料金プランの見直しについても12月に発表されるとのことです。

各社との比較

データ容量速度制限時テザリング電波料金価格
ソフトバンク
[メリハリプラン]
50GB
[一部動画等は上限なし]
128kbps
(有料)
4G/5G8,480円
[通話5分/回 含む]
Y!モバイル
[シンプル20]
20GB128kbps
→最大1Mbps
4G4,480円
[通話10分/回 含む]
au
[データMAX 5G LTE]
データ使い放題基本的になし
(30GB迄)
4G/5G8,480円
[通話割引別]
UQ mobile
[スマホプランV]
20GB1Mbps4G3,980円
[通話割引別]
日本通信SIM
[新プラン]
16GB
→20GB
(ahamo開始時)
200kbps?3G/4G1,980円
[通話70分/
月 含む]
Rakuten UN-LIMIT
V
楽天回線は無制限
(パートナー5GB)
パートナー1Mbps4G/5G2,980円
[アプリ使用時
通話無料]
ドコモ
[ギガホ増量2]
30GB→60GB1Mbps4G/5G7,150円
[通話割引別]
ドコモ
[ahamo]
20GB1Mbps4G/5G2,980円
[通話5分/回

含む]

料金プランなどの数字に若干自身がないのですが、
ざっと見だいたいこんな感じ。

表にすると各社サービスプランの良し悪しが見えてくるのですが、
日本通信SIM安すぎないか!?

通話料金に関しても月70分まで無料、
70分超えても30秒10円と他社に比べて安価なのがポイント。

ただ・・・
4GのみですしMVNOなので回線品質が気になる所です。
でも安いなぁ・・・。

UQモバイルとワイモバイルはahamoに近いプランですが、少し割高感が否めない。
しかし、ワイモバイルは何かあったらお店で聞けますし、
UQモバイルもオプションでかけ放題ができたり家族割があったりとメリットもあります。

Rakuten UN-LIMITも価格とサービス内容としては充実しているのですが、
肝心な回線品質がイマイチなのとエリアが狭い。

私が住んでいる所では基本的にパートナー回線しか入らないため、
データ通信は5GB、超過後の通信速度は1Mbpsになるので正直心もとないです。

有料化したときでも今のような状態では微妙なところです。
(Rakuten Link経由で電話すると通話料が掛からないのは魅力ですが)

ahamoはRakuten UN-LIMITと同価格で近い所がありますが、
回線がドコモそのものなのでエリアも広くどこでも高速で安定した通信が期待できそうです。

ただ、通話に関しては5分まで無料で使えるが超えると30秒あたり20円かかる。
短時間の通話を沢山される方は問題ないですが、長時間電話される方は、
日本通信SIMの新プランやRakuten UN-LIMITのほうがいいかもしれません。
(オプションで無制限とかできたらいいのですが現時点では不明)

ahamoは2021年3月にサービス開始、現在先行エントリー受付中

ahamoは2021年3月にサービス開始予定。
現在先行エントリーを行っており、ahamo開始前日までにエントリーすれば
期間・用途限定ではありますがdポイントが3,000ポイントもらえます。

ahamo登場でキャリアも格安SIM(MVNO)も何もかも変わるかも

私は現在メインのモバイル回線としてOCNモバイルONE(音声通話SIM+1GBデータ通信、10分間かけ放題)に加入しているのですが、データ通信速度も大体50~80Mbpsと高速で通話品質も申し分ない。

それでいて毎月2,500円以内で使えているので個人的にはとても満足感があります。
(データ容量1GBは少ないかもですが私の場合、家はNURO光、外はRakuten UN-LIMITなので通話だけちゃんと使えれば十分です。)

そんなMVNOもドコモは連携を行っていくとのことですし、
日本通信SIMもahamo登場により先陣切って対抗サービスを発表。

もちろん、auやソフトバンクなどキャリアも黙っていられないはず。

ahamo登場により、2021年は携帯業界全体が何もかも変わるのではないか。
ahamo以上の魅力なサービスが出るのではないかと思うととてもワクワクします。

取り敢えず今は動かずじっくり観察すべきかもしれませんね。

ahamo 公式
シンプルな 1プラン 20GB 2,980円。ahamo登場!プレエントリー受付中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました