MONO 文具BOOK付録の大人気ポーチをレビュー

ガジェット・デジモノ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

MONO消しゴムをイメージしたポーチが付録のムック本が2020年8月31日に登場。
価格は2,079 円(税込)

当時は大人気ですぐに売り切れ、ネットオークションなどで通常価格よりも高く取引されるといったことがありましたが、現在書店やネットショップなどで再び購入できるようになっています。

今回はそんな大人気のMONO 文具BOOK付録ポーチをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

MONO 文具BOOK (TJMOOK)

MONO BOOKにはMONOブランドに迫った宝島社出版のムック本です。

サイズ:W210×H110×D55mm

付録のポーチはMONO消しゴムそっくりなデザインです。

ファスナーを開いてみるとこんな感じ。

ノートパソコンに必要なものを詰めるとこんな感じ

収納スペースは広く、仕切りもあるので
ACアダプターやケーブル類を綺麗にスッキリと収められます。

テレワークなどでパソコンの周辺機器などを収納する用としても便利ですし、
女性の方は化粧ポーチやトラベルポーチとしても活躍しそうです。

タブレットに必要なものを詰めるとこんな感じ

私は最近iPad Air4で記事の執筆などを行なっているので、
モバイルバッテリーやUSBケーブル、SSD、マウスやボイスレコーダーなどポーチに詰め込んでいます。
Apple Pencilも普段は殆ど使っていないのでポーチに忍ばせています。

外で使うと注目されること間違いなし?
物(MONO)好きな方、どうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました