iPad Air4、3とiPad Pro11と何が違うのか比較してみました

ガジェット・デジモノ
この記事は約6分で読めます。

明日2020年10月23日に待ちにまった第4世代iPad Air(iPad Air4)が発売され、
事前に予約していた私のiPad Air4も明日ヤマト運輸で届く予定とのことでとてもワクワクしています。

何でしょう・・・。
Android端末を買うときはいつも平然としていられるのですが、
Apple製品は何故かいつも興奮するんですよね!

そんな届くのが楽しみなiPad Air4。
ふと疑問に思ったのが

「旧モデルと11インチiPad Pro第2世代と何がどう違うのか」

旧モデルより性能は上がっているのは確かなのですが、
外観からしてiPad Proの要素も入ってるので一体どこからどこまでがAirでProなのか。

ちょっと気になったのでスペック比較表を作ってみました。

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、夢野千春です。YouTubeで商品レビューをやっています。お問い合わせはこちら

スポンサーリンク

iPad Air 4と3、11インチiPad Proを比較

スペック比較表

iPad Air 3iPad Air 411インチiPad Pro第2世代
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1603347706-d2b5ca33bd970f64a6301fa75ae2eb22.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1603347614-d2b5ca33bd970f64a6301fa75ae2eb22.jpg画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1603347549-d2b5ca33bd970f64a6301fa75ae2eb22.jpg
画面サイズ10.5インチ10.9インチ11インチ
プロセッサA12 Bionic
2コア2.49GHz +4コア1.6 GHz
A14 Bionic
2コア + 4コア

計2.99GHz

40%速いCPU
30%速いグラフィックス
Neural Engineにより、
機械学習も2倍高速
A12Z Bionic
4コア2.5GHz + 4コア 1.5GHz
GPU4コア
Apple A12 GPU “G11P”
4コア7コア
Apple A12X GPU
メモリ3GB (LPDDR4)4GB6GB
ディスプレイRetina
2,224 x 1,668
264ppi
最大輝度500ニト
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーション
反射防止コーティング
広色域(P3)
TrueTone
Liquid Retina
2,360 x 1,640
264ppi
最大輝度500ニト
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーション
反射防止コーティング
広色域(P3)
TrueTone
Liquid Retinaディスプレイ
2,388 x 1,668
264ppi
最大輝度600ニト
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーション
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域(P3)
TrueTone
ストレージ64GB
256GB
64GB
256GB
128GB
256GB
512GB
1TB
アウトカメラ8MP広角
(フラッシュ無し)
12MP広角
(フラッシュ無し)
Focus Pixels
12MP広角
10MP超広角
Focus Pixels
LiDARスキャナ
インカメラFaceTime 7MP
Live Photos
Retina Flash
FaceTime 7MP
Live Photos
Retina Flash
TrueDepth 7MP
ポートレートや
アニ文字・ミー文字が
使用可能
スピーカー2スピーカーオーディオ2スピーカーオーディオ
(横向き)
4スピーカーオーディオ
対応キーボードSmart KeyboardMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
対応Apple Pencil第1世代第2世代第2世代
Touch ID
(指紋認証)
ホームボタントップボタンなし
(代わりに顔認証)
カラー3色
・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド
5色
・シルバー
・スペースグレイ

・ローズゴールド
・グリーン
・スカイブルー
2色
・シルバー
・スペースグレイ
本体サイズ高さ 250.6mm
幅 174.1 mm
厚さ 6.1 mm
高さ 247.6mm
幅 178.5 mm
厚さ 6.1 mm
高さ 247.6 mm
幅 178.5 mm
厚さ 5.9 mm
重量Wi-Fi:456 g
Wi-Fi+Cellular:464 g
Wi-Fi:458 g
Wi-Fi+Cellular:460 g
Wi-Fi:471 g
Wi-Fi+Cellular:473 g
コネクタLightningUSB-CUSB-C
価格(税別)[Wi-Fiモデル]
64GB 54,800円
256GB 71,800円

[Wi-Fi + Cellularモデル]
64GB 69,800円
256GB 86,800円
[Wi-Fiモデル]
64GB 62,800円
256GB 79,800円


[Wi-Fi + Cellularモデル]
64GB 77,800円
256GB 94,800円
[Wi-Fiモデル]
128GB 84,800円
256GB 95,800円
512GB 117,800円
1TB 139,800円

[Wi-Fi + Cellularモデル]
128GB 101,800円
256GB 112,800円
512GB 134,800円
1TB 156,800円
AnTuTu
(V8.3.4)
43838559765171万ほど?

iPad Air4は旧モデルとProの良いとこ取り

外観、SoC性能はPro寄りになっており、USB-Cも採用されたことにより外部アクセサリとの連携のしやすさが向上。
なにげにアウトカメラも4K60fps撮影なものに変わっているし、Apple Pencilは第2世代対応。

ただ、全てがPro寄りになっているわけではなく、きちんとProとの差別化もされています。

例えばディスプレイ、ProではProMotionテクノロジーにより最大120Hzのリフレッシュレートで描写可能でタッチ操作やApplePencilの描写精度が向上されていますが、iPad Air4にはそれがありません

スピーカーも4つ穴が空いているのに左右ステレオスピーカーなので
4スピーカーのProより音の臨場感や音質が下がると思われます。

また、アウトカメラ性能も旧モデルAirよりかは良くはなっているのですが、1眼でフラッシュもLiDARも非搭載。インカメラに関してはFaceTimeカメラなのでTrueDepthならではの高性能フェイストラッキング機能が使えません。(VTuber化するのに必要なものがない)顔認証もできないです。

顔認証の代わりにトップボタンに指紋認証センサーが搭載されているのでTouchIDが使えます。

見た目はProっぽいけどやっぱりAir

見た目はProっぽくなったのでその分重たくなってAirと名乗れなくなるのでは?と思ったのですが、
Airより若干重くなっただけでProよりも軽い。
無印iPadと比べるとサイズも重量もiPad Air4の方がコンパクトで軽量でした。

良し悪しは届いてからのお楽しみ

iPad ProのようなiPad Air4。
使い勝手がどうなのかはまた届き次第別の記事やYouTubeにてレビューさせていただきます。

まぁ・・・私が今使っている第6世代iPadよりかは断然良いとは思いますが、
今回私が買ったiPad Air4は64GBモデルなのでその容量で足りるのかが心配。。。

ストレージ容量が足りなければ外部ストレージを使えばいいのですが、
iPadはAndroidタブレットと違い結構外部ストレージに対するデータ転送の制約があったり、
スムーズに転送できなかったりするのでそのあたりがAir4でどうなのかが気になるところです。

取り敢えず、その辺りは届いてからのお楽しみとしておきましょう。

最新 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - スカイブルー (第4世代)
Apple(アップル)
¥69,080(2020/11/25 02:35時点)
美しい 10.9 インチ Liquid Retina ディスプレイ(True Tone、P3 の広色域)

コメント

タイトルとURLをコピーしました