TaoTronics 「TT-SK027」レビュー、Bluetooth・AUX接続対応14W出力サウンドバー

ガジェット・デジモノ
この記事は約6分で読めます。

今回はTaoTronics様よりパソコン用スピーカーにピッタリなゲーミング14Wサウンドバー「TT-SK027」をご提供頂きましたのでご紹介と使用感などをレビューさせていただきました。

20%オフクーポンコード:A52RPIEM」
5,399円 → 4,319円
有効期限:2020年8月27日(木)23時59分まで
※記事投稿時に500円オフクーポンもありましたので
 当記事のクーポンと合わせてご利用いただけるとより安くお買い求めいただけます。

20%オフ+500円クーポン使用時=3,819円

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、夢野千春です。YouTubeで商品レビューをやっています。お問い合わせはこちら

スポンサーリンク

TaoTronics 「TT-SK027」

TaoTronics 「TT-SK027」とは、コンパクトなサイズでありながら最大14W出力可能な52mm径のスピーカーユニット2基と低音増強用パッシブラジエーターを2基搭載により、大迫力なサウンドクオリティーを楽しめるミニサウンドバーです。
なお、TT-SK027はBluetooth対応スピーカーですが、
バッテリー駆動可能なポータブルスピーカーではなくコンセント接続タイプのスピーカーです。

TT-SK027
サイズ43.6 x 16.4 x 10.8 cm
重量928g
Bluetooth5.0
A2DP、AVRCP、HSP(ヘッドセット)
HFP(ハンズフリー)、SBC
通信距離最大約10m
本体で直接コントロール可能
最大出力14W(7W ✕ 7W)
インピーダンス
周波数特性80Hz-20KHz
ユニット52mm径のスピーカーユニット2基
背面に低音バランス用パッシブラジエーター2基
スピーカー形式密閉型フルレンジスピーカーシステム
(防磁設計・防沫加工)
マイク無指向性コンデンサマイク
iPhone/Android対応

外観

付属品はスピーカー本体・ACアダプター・3.5mm ステレオミニケーブル・マニュアル・サンクスカード
ウォールマウントテンプレート
筐体の材質はプラスチックだがブラックカラーで重厚感ある仕上がり。
前面には52径のスピーカーユニットが2基搭載。中央にはメーカーロゴにディスプレイが搭載。
上部には左から電源ボタン・音量ボタン・再生一時停止ボタン・タイマーボタン・LEDモードボタン。
中央には無指向性マイクが搭載しているのでハンズフリー通話も可能。
背面にはウォールマウント穴・パッシブラジエーター2基・AUX IN/OUT端子・電源端子。
底面には滑り止めのゴム足とLEDライト。
ゴム足は保護フィルムが貼られているため使用する前に予め外しておく。

製品の特徴・使用感

TT-SK027を実際に使ってみて感じたことを紹介します。

デュアルパッシブラジエータ搭載で迫力あるサウンド

コンパクトなボディながらドライバは52mm径の大型。音質に関しては全音域バランス良くチューニングされている印象でYouTubeやプライムビデオで動画視聴してみた所、人やキャラクターの声がはっきり聞こえ、そして音がクリアです。また14W出力と大音量なのでテレビ用スピーカーとしても十分使えます。
音楽観賞用としては低音がやや弱い印象なので別途ウーファーを使えばよりパワフルなサウンドが楽しめます。(内蔵のAUX OUT端子はウーファー用ではないため接続するとTT-SK027から音が出なくなります。そのため、ウーファーからTT-SK027にAUX IN接続を行って下さい。)

壁にも掛けられるコンパクト設計

本体サイズが43.6 x 16.4 x 10.8 cmとコンパクトなのでパソコンの机やディスプレイの側、テレビラックに置いて使ったりと様々なスタイルでTT-SK027を使って音楽を楽しむことができます。

また、コンパクトなサイズと928gの軽量ボディにより壁にかけて使用することもできます。

TT-SK027を壁などに設置しやすいようウォールマウントテンプレートが付いています

Bluetooth/AUXで簡単に接続

音声入力はBluetoothと3.5mmオーディオプラグ(AUX)が選択できるため、例えばスマートフォンはBluetooth接続、パソコンやテレビはAUX接続といった使い方が可能。Bluetoothの通信距離は10mと結構距離があるのでTT-SK027や接続機器の置き場所に困りません。
また、BluetoothとAUXの切り替えは電源ボタンをワンプッシュで簡単に行えます。

ディスプレイ&ゲーミング向けLEDライト搭載

LCDディスプレイ搭載、カウント機能は最大99分59秒まで1秒刻み
ゲームプレイを盛り上げてくれるLEDライト

ディスプレイが搭載しているのでモード確認がしやすく、ディスプレイを活かしたカウント機能によりゲームプレイ時間を測ったりすることができます(TaoTronicsさん的には長時間プレイ防止用として紹介されてますが)

また底面にはLEDライトが搭載されており、カラーカルーセルモード(フェードしながら色が変わるモード)・ブリージングモード(呼吸のように色が変わるモード)・リズムモード(音に合わせて色が変わるモード)によりゲームプレイを盛り上げてくれます。

【TaoTronics サウンドバー TT SK027】リズムモード
LEDモード

起動音・終了音は静かになり改善

【TaoTronics サウンドバー TT-SK027】起動音・終了音

この記事を執筆する時に「起動音が大きい」といったレビューを見かけましたが、
その点は改善されているようでスピーカーの音量を最大にしても起動音までは大きくなりませんでした。これくらいなら近所迷惑にならずに済みそうです。

気になるポイント

カウンターは時計機能やタイマーは無くカウントアップ

長時間プレイ防止用にカウント機能が搭載されているのですが、カウントアップしていく仕組みでどれくらいゲームをやったのか確認用には良いのですが長時間プレイ防止としては活躍しなさそうなのであまり使わないかもしれません。
それより予めタイマー設定をし、時間になったらアラームがなる仕組みの方が良かったと思いました。
後、アイドル時は時刻が確認できるよう時計機能が付いてると、よりゲーミングスピーカーとして使い勝手が良くなるのではないでしょうか。

電源はAC接続のみ

大迫力なサウンドを安定して出力するためだと思いますが、電源供給がACアダプターのみなのでコンセントの確保が必要。パソコンで使用する時用にUSB給電もできると有り難いです。

総評

評価をまとめるとこんな感じです。

ココが良い!

✅デュアルパッシブラジエータ搭載で迫力あるサウンド
✅壁にも掛けられるコンパクト設計
✅Bluetooth/AUXで簡単に接続
✅ディスプレイ&ゲーミング向けLEDライト搭載
✅起動音・終了音は静かになり改善

ココがダメ!

❎カウンターは時計機能やタイマーは無くカウントアップ
❎電源はAC接続のみ

TT-SK027を使ってみて善し悪しをお伝えさせて頂きました。
気になる所や音質は低音は物足りなさを感じたものの、音の臨場感やバランスは5,000円台で買えるスピーカーとは思えないほどのサウンドを感じました。

コンパクトボディなのでコンセントがある所なら場所を選ばずお好みのスタイルで使えるのもポイント。Bluetooth接続をすればパソコンやテレビ用だけでなく、スマートフォン用として部屋のどんな場所でも音楽を楽しめるため、気になる方はTT-SK027チェックしてみては如何でしょうか。

また、今回TaoTronics様より当サイト限定のクーポンコードをご提供頂きました。
A52RPIEM」をご購入の時に入力していただくことにより20%オフとお安くお買い求め頂けますのでぜひご利用頂ければと思います。

20%オフクーポンコード:A52RPIEM」
5,399円 → 4,319
有効期限:2020年8月27日(木)23時59分まで
※記事投稿時に500円オフクーポンもありましたので
 当記事のクーポンと合わせてご利用いただけるとより安くお買い求めいただけます。

20%オフ+500円クーポン使用時=3,819円

TaoTronics サウンドバー Bluetooth 5.0 PC スピーカー 14W出力 デュアルパッシブラジエーター ゲーム向きLEDライト付 ストップウォッチ機能付 壁掛け可 【12ヶ月+18ヶ月間保証】 TT-SK027
TaoTronics
¥5,999(2020/09/12 16:09時点)
🔊【LCDデジタルディスプレイ付】 52径のスピーカーユニット2基に加え、低音増強用にパッシブラジエーターを2基搭載したデュアル7Wパッシブラジエーター構造を採用する。小型のサウンドバーとしては最大の高出力で大音量なタイプであり、音痩せを感じさせない豊かな低音を実現します。LCDデジタルディスプレイを装着し、音量や接続モードを確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました