さくらインターネットでWordPressテーマ「Cocoon」を使用する方法

WEB
この記事は約2分で読めます。
【6:22から本題】WordPress無料テーマ「Cocoon(コクーン)」、さくらサーバでも使えるようにする方法。

さくらインターネットのレンタルサーバを個人利用して3年くらい。
元々仕事でも使っていたので10年近くはお世話になっています。
サポートが手厚く、何せ安いのが特徴。

ドメインやSSLもさくら内で手続きできるためオールインワンのレンタルサーバです。

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、夢野千春です。YouTubeで商品レビューをやっています。お問い合わせはこちら

ただ、少し気になるのがページの表示がエックスサーバなど他社一部のサーバと比べると
読み込みに時間がかかってる感じがします。
2018年にサーバ構成が変わったらしいのですがそれでも遅いかなと。

ただ、ちょっと遅いくらいなので気にならない人の方が多いかもしれません。
けど私は気になったのでどうしようかなーと。

そんなことを動画で6分ほど話していました。

スポンサーリンク

本題、さくらレンタルサーバでWordPressテーマ「Cocoon」が使えない。

さて、ウェブサイトを作るにあたりWordPressを採用、
テーマは使い勝手の良くSEO対策も万全な「Cocoon」。

サイトというよりかはブログっぽい形になりましたが
ブログ要素とサイト要素どちらも欲しかったので理想的な形になるかなと。

で、いざCocoonをインストールと思ったのですが、

さっそくトラブル発生。

Cocoonがインストールできない。

どうもさくらサーバの方で問題があるようで。

実はちょこっと設定すればいい話

インストール中にタイムオーバーだったり容量オーバーだったりエラーが出て
Cocoonをインストールすることができなかったのですが、
php.iniを手直しすることで使えます。

さくらサーバのコントロールパネル→スクリプト設定→「php.ini」を選択
PHPiniに以下を追加(動画の説明ではスクリプトが重複していました)

max_execution_time = -1
memory_limit = -1
post_max_size = -1
upload_max_filesize = -1
max_input_time = 60

【各機能役割】
max_execution_time ・・・ タイムアウトする時間を設定
memory_limit ・・・ メモリ使用量の変更
post_max_size ・・・ ポストデータ最大サイズ
upload_max_filesize・・・アップロード最大サイズ
max_input_time・・・ スクリプト入力受付時間

とりあえず上記のphpiniを追加することで
問題なくCocoonテーマを追加することができました。

Cocoon以外にも容量の大きいWPテーマやWordPress以外でデータの容量によってアップロードができないファイルなどあればこのあたりの設定を変更して試していただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました