グラボを積めば低スペックパソコン(NEC-Mate)でもゲーム実況やライブ配信ができる?

フリートーク
この記事は約5分で読めます。

今では低スペックパソコンに分類するNECのデスクトップパソコン「NEC-Mate PC-MJ31LBZCC」。
今回はこのパソコンにちょっと手を加えてゲーム実況やライブ配信ができるようにします。

夢野千春
夢野千春

こんにちはこんばんは、夢野千春です。YouTubeで商品レビューをやっています。お問い合わせはこちら

3Dバリバリのパソコンゲームをライブ配信したいとなると、
それなりの性能とお値段が必要になってきますが、 TVゲームのライブ配信に関しては実は低スペックパソコンでも、 7,8千円くらいで買えるグラボやキャプチャー機材があればライブ配信することが可能です。 (ゲーム配信じゃなく顔出し配信程度ならスマホでもできます。)

私が所有していたNEC-Mateのスペック

型番:PC-MJ31LBZCC

購入金額:7,950円/ヤフオク(税込・送料込)

発表日:2011年5月11日

CPU:Core i3 2100 3.1GHz 2C4T(Sandy Bridge世代)

チップセット:Intel B65 Express

メモリ:DDR3 4GB(スロット数/4)

ストレージ:Seagate製250GB HDD

メディア:DVDスーパーマルチドライブ

PCIバス:[スロット数] 1(1)、PCI Express x1×2(2)、PCI Express x16×1(1)

グラフィックボードを装着

【グラボ取付動画】NECのパソコン「Mate」にGeForce GT730 を搭載・動作確認動画

とりあえずオンボードより快適になればとGALAX GT730を積んでみました。
ちなみにPC-MJ31LBZCCはスリム筐体なのでロープロファイル仕様のグラボしか積めません。

グラフィックボードのスペック

製品名:GALAX GT730

購入金額:6,370円(税込・PCショップで購入)

製品番号:GF PGT730-OC LP/2GD5

GPU:GT730(GK208)

メモリ:GDDR5 2048MB 64bit

出力端子:DVI-D/HDMI/CRT

必要電源:300W※

※Mateは200W電源ですが負荷を掛けても問題なく動きました。

補助電源:無し

サイズ:159 × 85 × 28mm

付属品:ドライバディスク、説明書、ロープロファイル用金具

MSI GeForce GT 1030 2G LP OC グラフィックスボード VD6348
MSI
¥9,350(2020/09/12 18:42時点)
VD6348 日本正規代理店品 保証1年
【マインクラフト】低スペパソコン「NEC Mate」にGT730を搭載しライブ配信検証

実際ゲームしながらライブした動画がこちら。ネット回線の問題で画質が粗いですが一応マイクラしながらライブ配信ができています。PUBGとかも画質をかなり下げれば遊べますよ。

揃えておきたいもの

ゲーム実況やライブ配信をする時に揃えておいたほうが良いものをご紹介します。

ゲームキャプチャー

安価なチャイナメーカーのやつや有名メーカーのやつ色々あるのですが、
とりあえずチャイナメーカーのやつは止めておいたほうがいいです。
過去に煙を吹き出してすぐ壊れた経験がありますので・・・。
ElgatoやAverMediaあたりが無難に使えるキャプボだと思います。
ゲーム配信ならFullHD60fps出力できるタイプが欲しい所。

ウェブカメラ

Logicool(ロジクール) 【Logicool】C615N HD WEBCAM
Logicool(ロジクール)
¥6,562(2020/09/12 18:42時点)
オートフォーカス搭載、フルHDのテレビ電話を実現する、折り畳んで持ち運べるウェブカメラ

有名メーカー、チャイナメーカーとりあえず実況者の顔や声が撮れればなんでも良いと思いますが、
私はFullHDが撮れてマイク付きなLogicool C615を使っています。
私は顔出しは基本しないのですがVTuber化する時にアバターをウェブカメラで動かしたりするのに使っています。

マイク

MAONO USBマイク コンデンサーマイク PCマイク 192KHZ/24BIT マイクセット 単一指向性 高音質 タッチミュートボタン/マイクゲイン調整ノブ/ABタイプUSBケーブル付き 録音/ライブ配信/YOUTUBE/ゲーム実況におすすめ (AU-PM421)
MAONO
¥8,299(2020/09/12 18:42時点)
【高音質】カーディオイド集音の単一指向性集音USBコンデンサーマイクです。正面からの音声には感度が一番高く、周囲の騒音を効果的に抑え、正面(maonoロゴがある面)を中心として約130°の範囲で集音します。サンプリングレートは最大192kHz/24bitに達して、プロなサウンドカードが内蔵され、収録した音声を忠実に再現できます。ご注意:このコンデンサーマイクは、マイクから15-30cm離して使用するのをお勧めします。

USBコンデンサーマイク、オーディオインターフェースやミキサーを使ったマイク、パソコンのオーディオ端子に使えるマイクなど色々種類があるのですが、一番使いやすいのがUSBコンデンサーマイクだと思います。ネットでは「SONY ECM-PCV80U」が定評ですが、私が使った時はホワイトノイズが酷いのと音が割れやすいことであまりオススメできません。
MAONOマイクが私としてはオススメで質感も悪くなく音質もとても安定していて気に入っています。
PS4とかゲーム機にも使えるのもUSBマイクの良さですね。

【MAONO】アームスタンド付きで高品質なUSBコンデンサーマイク!「AU-PM420」と「AU-PM421」の紹介・音質検証【商品提供】

ざっと紹介しましたがいかがだったでしょうか? ヤフオクとか利用すればパソコンは安く手に入りますし、 グラフィックボードもロークラスのものでもマイクラは普通に動きます。 ゲーム実況でのライブ配信もこなしてくれます。

マイクはWEBカメラの内蔵マイクでも十分声拾ってくれますが実況者の声って大事ですのでここはケチらずUSBマイクかオーディオインターフェイス接続タイプのマイクはほしい所。、 とりあえずTVゲーム配信したい、顔出し配信したいくらいなら 上記の環境で十分ライブ配信を楽しむことが出来ると思います。

といっても最近はGeForce NOWとか低スペックパソコンでも最新3Dゲームが快適に遊べるクラウドゲームサービスが流行ってきているので、わざわざグラボを積むなど面倒くさいことをしなくてもよくなってきましたが、クラウドゲームサービスにお金を掛けたくない、ロマンを感じたい人はぜひ低スペPCにグラボ積みチャレンジしてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました