【2重ルータ対策】J:COMのルータ機能付きモデム(BCW710J2)のルータ機能を無効にする方法

ノウハウ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ルータ機能付きモデムは正直いらない

最近モデムにWi-Fiルータ機能付いているもの多くなってきましたが正直あまり安定せずまた電波の飛びが悪いですよね・・・。

親切心で搭載しているのだと思いますが、

正直Wi-Fiルータを自前したほうが安定したWi-Fi環境を構築できると思います。

Wi-Fiルータ機能付きモデムのルータ機能をオンにした状態で外部ルータを使うと2重ルータとなり通信が不安定になる場合があります。

そういう時はJ:COMのルータ機能付きモデム「BCW710J2」のルータ機能を切りましょう。

「BCW710J2」のルータ機能の切り方

やり方はとても簡単で、まずブラウザのアドレス欄に「192.168.0.1」と入力して確定して下さい。
次にパスワードが聞かれると思いますのでユーザー名を「admin」、パスワードは「password」と入力して下さい。
※ユーザー名、パスワードは違う場合があります。
※デフォルトのパスワードとかはセキュリティ面を考慮して変更しておいたほうが良いです。
次に基本設定のルータモードよりルータ動作を「ブリッジ」に変更し適用を押します。
設定画面
そうしますとモデムが再起動しますので
暫くすると再びネットが繋がるようになります。

これで「BCW710J2」のルータ機能は無効になりました。
ブリッジモード時は「192.168.100.1」にIPが変更されていますのでもとに戻したい時は

そのIPアドレスより管理ページへアクセスし設定を変更して下さい。
たまに上手くネットに繋がらないときがありますが、
そういう時はパソコンやルータの電源を一度切り直してみるとネットに繋がると思います。


これで外部ルータがホストとなり、IPアドレスの割当も外部ルータのみ行う形となるためネット回線的にもスマートになるかと思います。
ただ、外部ルータの性能が悪いと通信が不安定になる場合がありますので、
できれば良いルータを導入されたほうがいいかもしれませんね。
(個人的にはNECかTP-LINK製ルータがオススメです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました