EC-CUBE3、本サーバ移行とAmazonPayプラグイン導入について試行錯誤雑記

ノウハウ・ハウツー
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

(不具合解決メモ)PHP5.4.45+EC-CUBE3.0.10+Amazon Payプラグイン(NIPPON Platform製)の組み合わせだとカートページ時に500エラーが発生する

会社オリジナルのネットショッピングサイトがあるのですが、
そのサイトでよりお客様が買い物しやすいようにAmazon Payプラグイン(NIPPON Platform製)を導入したのですが、
PHP5.4.45+EC-CUBE3.0.10の構成にてカートページ遷移時に
「500 Internal Server Error」が発生することを確認しています。

恐らくサーバのPHPバージョンが古いせいかもしれませんが、
以下の方法でカートページ遷移時のエラーは解決、

一応一通り決済処理が行えたのでメモ代わりに残しておきます。
個人的なメモのため、
同じことをやってエラーが出ても責任は負えませんのでよろしくお願いします。

◎app/Plugin/FgAmazonPay/FgAmazonPayEvent.php 311行目
修正前:$elements[0]->parentNode->appendChild($template);
修正後:$elements->item(0)->parentNode->appendChild($template);

ちなみにエラー確認はindex_dev.phpが役立ちました。

NIPPON PlatformのAmazon Payプラグインは
月額費用もかからないためとても助かるプラグインなのですが、
その分サポート対応がないためエラーが起きたときに厳しいです。

それを考えたらアイピーロジック製のほうが良いのかもしれませんが、
月5,000円もかかるため駆け出しECショップには痛いです。

できるだけコストを抑えるためには
自分でなんとかするしかないですね。。。

とりあえず、今後なにかサイトを触った時のために
メモ的な形でこの記事は残しておきます。

【2020年7月21日追記】
無料でEC-CUBE用Amazon Payプラグインを提供していたNIPPON PAYが2019年8月2日にプラグインの新規申し込み受付を停止しておりました。現在も受付していないのでEC-CUBE用Amazon Payプラグインはアイピーロジック製一択となりそうです。

EC-CUBE3メモ

EC-CUBE3テンプレートが変更できない

ローカルサーバ上で作成したものを本サーバに適用させようとしたのだが、
本サーバのEC-CUBE3を「eccube」ディレクトリからドメイン直下に移動させたせいか
テンプレートが変更できなくなった。
その他のことについてはpath.ymlで全体のパスを変更した際に正しく適用されたが、
テンプレートだけは上手くいかなかった。
path.ymlを変えればテンプレートの保存先パスも変わるんじゃないのか?
アップロードしても新たにhtml/templateディレクトリを作成しそこに保存しようとする。。。
テンプレートデータのパスはどこで管理しているんだろう?
【追記】
path.ymlだけ変更するだけでは上手く反映されないことが分かりました。
src/Eccubeの中にあるファイルもパス見てみるとディレクトリ直下になってない箇所がいくつかあったので
notepad++で一括で修正しました。
とりまテンプレートの反映はできましたが、
どうせならローカルサーバで作ったデータ丸ごと移行できてくれたらいいのですが;

EC-CUBE3 規格名取得

{{ Product.className1 }}で規格1の名前が取得できるようです。
Nameの後ろの数字を2にすると規格2の名前が取得できます。

Twigが全然わからなくてGitHubで調べてたら関数リストが乗っていたので参考にさせて頂きました。
https://github.com/ynakajima/eccube3-bootstrap-plain-template/wiki/Eccube%5CEntity%5CProduct

コメント

タイトルとURLをコピーしました